インターネット規制緩和が進むベトナムで、中国最強チャットアプリが「ある用途」で大人気に

  WeChatは中国大陸において国民的アプリ。中国人のスマートフォンユーザーは、ほぼ全員インストールしていると言っても過言ではないお化けアプリだ。そのWeChat、ベトナムではチャットアプリという用途だけでなく、とある用途で活用されまくっている。  それは、デリバリーヘルス紹介ツールとして、だ。

「近くにいる人」機能を活用

 WeChatの“近くにいる人”というGPSを使って近くのWeChatユーザーを探し出す機能で自分の現在地を周辺へ伝えると、数分も経たないうちに何通も挨拶メッセージが届く。内容はかなり直球なサービス内容を英文で送ってくるのでひと目でそれだと分かる。  この機能はLINEやフェイスブックにも搭載されているが、これらのサービスとWeChatとの最大の違いは、検索対象が全ユーザーである点だ。
次のページ 
地下に潜る風俗産業に利用されるネットサービス
1
2
3
4
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right