インターネット規制緩和が進むベトナムで、中国最強チャットアプリが「ある用途」で大人気に

我妻伊都

ベトナムの風俗産業は地下へ潜りつつある

 近年ベトナムでは驚くほどインターネット規制が緩和され、速度も目に見えて速くなっている。たとえば、「フェイスブック」のユーザーは、3000万人を超え、フェイスブック社の調べでは、10代、20代ユーザーだけで約7割を占め、1日の平均フェイスブック利用時間は2.5時間を超えるなどある種のフェイスブック中毒とも言える状態になっている。

 しかし、今の状況からは信じがたいが、実はベトナムのフェイスブック全面解禁は遅く、2013年ごろまでは、中国や北朝鮮などと同様にフェイスブック規制国の1つだった。2013年になってからも中国のように一切アクセスできないわけではなく、接続業者によってだったり、パソコンからがダメだったりと不安定だった。ちなみに「LINE」も同じように不安定だったが、現在は、どちらもサクサク利用できる。

 ベトナムのチャットアプリのシェアを見てみると、フェイスブック(フェイスブックメッセンジャーも含む)がトップシェアで、他にはベトナム国産アプリの「Zalo」も高いシェアを持ち、「スカイプ」やLINEも利用されている。

 興味深い点としてベトナムではシェアがかなり低い「WeChat」が本来とは違う目的で大活躍していることだ。

次のページ 
Wechatのベトナム流用途とは?

1
2
3
4
4
5
関連記事
6
7