安価な原油の提供と交換に軍事基地の建設承認をキューバに迫るロシア

白石和幸

プーチンとラウル・カストロ photo via kremlin.ru(CC BY 4.0)

 2014年7月にプーチン大統領がキューバを訪問して以来、ロシアはキューバに軍事基地の建設を強く望んでいる。同年5月にはラウル・カストロ評議会議長の息子のアレハンドゥロ・カストロ大佐が<ロシア連邦安全保障会議とキューバ国家安全防衛委員会との協力関係の合意に署名>した。そして、2015年5月にはロシア対外情報庁(CBP)のナルイシキン長官がキューバを訪問し、<カストロ評議会議長に集団安全保障条約機構(OSTO)への加盟を勧めた>という。(参照:『Deutsche Welle』)

 ロシアは着々とキューバをロシア陣営に組み入れる動きを開始している。

 一方の米国はオバマ大統領がキューバとの国交回復に動きを開始したのは2013年である。バチカンの協力を得て、両国の和解に向かって秘密裏に米国とキューバの高官の間で交渉が進められていた。さらに2014年12月に正式に両国の間で国交正常化に向けてオバマ大統領とカストロ議長はそれぞれ自国民に国交回復に向かっていることが伝えられた。そして遂に、2015年7月に両国の国交が回復した。現在も定期的に完全なる関係回復に向けて交渉が重ねられている。その中で、キューバは<半世紀に及ぶ封鎖による損害として46億8000万ドル(4680億円)の賠償も米国に請求>している。(参照:『HispanTV』)

次のページ 
キューバの台所事情

1
2
3
4
5
関連記事
6
7