全米を仰天させたトランプ夫人のブラウス。ヒラリーvsメラニア夫人のファッション対決

写真/Keith Kissel

メラニア夫人の仰天ファッション

 熾烈を極めた米国大統領選挙もいよいよ大詰めとなり、投票日まで2週間余を残すのみとなっています。ヒラリー・クリントンとドナルド・トランプ両候補の直接対決も、10月19日の第3回テレビ討論会をもって終了し、選挙戦の最大の山場は過ぎました。

 10月初頭にトランプのわいせつ発言が流出してからというものの、トランプ陣営は一気に旗色が悪くなり、特に女性層からの反発が強まっています。そんな中、10月9日に行われた第2回テレビ討論会で、観客席に座るメラニア・トランプ夫人の服装が「悪い冗談にしか見えない」と物議をかもしました。

 メラニア夫人が着用していた、首元でリボンを結ぶスタイルのブラウスは、俗語で「pussy-bow blouse」といいます。この「pussy」という言葉には「女性器」の意味があり、「スターになれば何でもできる。美女のpussyを掴むことも」と豪語したトランプ候補の爆弾発言を思わせずにはいられませんでした。

 メラニア夫人が、特別な意図をもって問題のブラウスを選んだわけではないでしょう。しかしどんな些細な行動であっても、批評を免れないのが政治の世界です。男性政治家の服装が関心を集めることは稀ですが、女性政治家のファッションが話題になるのは日常茶飯事です。それゆえ、服装にメッセージを込める女性政治家は少なくありません。例えば、ヒラリーの大学の先輩であるマデレーン・オルブライト国務長官は、外交の手段としてブローチを活用していました。友好的なムードを演出する際には花や蝶、悪い話を伝える日には獰猛な肉食動物などを胸元に飾り、「私のブローチから察しなさい(Read my pins)」と公言していたのは有名な話です。

次ページヒラリーのパンツスーツに込められた意味


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は堅調

 本日のドル円は、東京市場では「中国は一部の米国製品に相互課税を賦課へ」との報道を受けたことにより、ドル安が進み一時110.07円近辺まで値を下げました。もっとも、日経平均株価が170円近く上昇したことを手掛かりにドルの買い戻しが強まり、ドル円は一時110.57円近辺まで値を上げました。欧… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「頑張りたくない」平成生まれ女子とマッチングするために昭和生まれ中年男性に必要な意識とは

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

20億円詐欺の「若作りおばさん」があぶり出した女の虚栄心

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

なぜ栗山英樹監督の「殺し文句」は、大谷選手を口説き落とせたのか?

清水建二

清水建二

微表情学

叱られているのにヘラヘラしている部下を、さらに怒鳴ってはいけない理由

都市商業研究所

都市商業研究所

三越のライオンが「ねこ」に!?――猫の手も借りたい!デパートで増える「ねこ系アートイベント」

安達 夕

安達 夕

韓国・文大統領の側近が有名ブロガーと接触し、世論操作した疑いが浮上。早くもまた政権交代か

橋本愛喜

橋本愛喜

日本人が公共の場で、“1人分のスペース”を死守する理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由