センスゼロでも「一生の食費を稼いだ男」のトレード術とは?

20年先を考えたポジション

「FXでは複数の手法を使い分けています。ひとつは、米ドル/円の長期ポジション。今年は円高が進んでいるため、米ドルを買い下がっています。20年先までを考えるということは、逆に言えば今仕込んでいるポジションは20年以内に利益確定できればいいということでもあります」  為替市場では数年おきに円安・円高トレンドを繰り返している。昨年や2007年には125円まで上昇したし、2002年には135円、1998年には147円まで円安が進んだ。ゆったり為替さんのポジションも、今は含み損でも20年以内には利益確定できるはずだ。 「ただ、あまり早く円安に転換してしまうと十分な量のポジションを仕込めない。ある程度円高になってほしいですね。円高とはすなわち仕込むチャンスなので。じつはすでに超長期ポジションは仕込んであり、80円で買った米ドル/円もあるんです。もしも500万円、1000万円と大きな出費があれば、それを取り崩せばいいだけです」  超長期ポジションはいわば、困ったときの備え。では毎月の生活費はこれまでに稼いだ資産から取り崩していくのだろうか。
次のページ 
生活費の柱は「リピート系注文」を活用
1
2
3
4
FXらくらくトレード新入門

10万円から始めるFXの新常識がここにある!

ハッシュタグ
関連記事