「極楽湯」と「大江戸温泉物語」。ホットに湧き上がる温泉関連ビジネス

丹羽唯一朗

極楽湯名取店 photo by Kuha455405 via Wikimedia Commons(CC BY-SA 3.0)

 8月以降、急速に注目を集めている銘柄がある。それは、スーパー温泉「極楽湯」を展開する「極楽湯」である。

 極楽湯の株価は、2015年1月以降、500円台のヨコヨコのレンジ取引が続いていたが、7月29日、2016年4~6月期の連結決算を発表してから、株価が急騰し、9月7日には1440円を付け、10月4日にはそれを更新する1474円を付け、10月6日の終値で1250円、連結ベースでPER:75.17倍、PBR:3.28倍である。割高な水準に達している。

 極楽湯は、「人と自然を大切に思い、人の心と体を癒すことにより、社会に貢献する」という企業理念の下、スーパー銭湯「極楽湯」を全国展開している。また、温浴専業企業の中で唯一の上場企業であり、日本最多の店舗数を誇る。2016年3月現在の店舗数は、国内直営店23店舗、国内FC店17店舗。また、海外中国にも2店舗を展開している。

次のページ 
株価急騰のきっかけとなった好決算

1
2
3
4
4
5
関連記事
6
7