南スーダン現地の支援関係者は、PKOの「駈け付け警護」に誰も期待していない!?

白川愚童

ジュバ近郊で支援活動をする今井さん

 南スーダンにPKO(国連平和維持活動)として派遣されている陸上自衛隊に、今年11月には「駆け付け警護」任務が付与される見通しだ。政府は任務を付与するかどうかの最終結論を10月中に出す見込みだが、なかなか詳しい現地の状況は伝わってこない。

 そこで、9月に南スーダンの首都ジュバに入り、避難民への支援活動を行った国際NGO、「日本国際ボランティアセンター」(JVC)スーダン事務所現地代表の今井高樹さんに話を聞いた。7月の戦闘激化以降、南スーダンに入った日本人は、自衛隊と政府関係者を除けば今井さんくらいだろう。

次のページ 
報道関係者専用の収容所まである南スーダン

1
2
3
4
5
4
5
関連記事
6
7