家電見本市から脱却し、CPS/IoTによる未来創出の場へ。CEATEC2016がいよいよ開催

丹羽唯一朗

RoBoHoNがお披露目されたのは去年のCEATECだ

 2016年10月4~7日、千葉市の幕張メッセで「CEATEC JAPAN 2016」が開催される。

 今年の「CEATEC JAPAN 2016」は、「社会」「家」「街」「CPS/IoTを支えるテクノロジ・ソフトウェア」の4エリアと各種特別企画エリアで構成される。CPSとは「サイバーフィジカルシステム」、IoTは「モノのインターネット」を意味する。

 CPS、すなわち、サイバーフィジカルシステムは、実世界(フィジカル空間)にある多様なデータをセンサーネットワーク等で収集し、サイバー空間で大規模データ処理技術等を駆使して分析/知識化を行い、そこで創出した情報/価値によって、産業の活性化や社会問題の解決を図っていくもの。

 IoTは、様々な「モノ(物)」がインターネットに接続され、情報交換することにより相互に制御する仕組みである。

 CEATEC JAPANは、従来の家電見本市的な「最先端IT・エレクトロニクス総合展」から、CPS/IoTでつながりが深まる社会、新たにもたらされる未来を共に創り出す場をめざす「CPS/IoT Exhibition」へと、本年より生まれ変わるとしている。

次のページ 
見ておきたい出展企業は?

1
2
3
4
5
関連記事
6
7