ヒラリーの健康問題より重要!? ビル・クリントンとトランプ夫人のクッキーレシピ対決が当落を左右する

羽田夏子

写真/Kate Wellington

大統領選を占う「妻たちの戦い」

 ヒラリー・クリントンが肺炎で倒れて以来、彼女の健康問題が大統領選の結果を左右するファクターとして注目を集めています。その一方で、米国大統領選の行方を占う、興味深いイベントの結果が10月初旬に発表されるのをご存じでしょうか? 主役となるのは大統領候補ではなく、その伴侶たち。米国の生活雑誌『ファミリー・サークル(Family Circle)』が主催する「ファースト・レディのクッキー・コンテスト」です。

 クッキー・コンテストでは、大統領候補の伴侶たちが、それぞれ自家製クッキーのレシピを『ファミリー・サークル』誌面に掲載します。勝敗は読者からの人気投票によって決まり、過去6回の大統領選の内、5回まではコンテスト勝者の夫が大統領に当選しています。その高い的中率ゆえに、「妻たちによる前哨戦」には、常に高い関心が寄せられてきました。

 この一風変わった伝統の発端は、24年前に遡ります。無名のアーカンソー州知事だったビル・クリントンが、現職のジョージ・H・W・ブッシュ大統領に挑んだ1992年度の大統領選から、クッキー・コンテストは始まりました。きっかけは、ビル・クリントンの妻として注目を集めていたヒラリーの「ある失言」でした。

次のページ 
女性の逆鱗に触れたヒラリー

1
2
3
4
4
5
関連記事
6
7