離婚、解雇、パートナー解消…人間関係崩壊の予兆は4年前から微表情に表れる

ふじよ / PIXTA(ピクスタ)

 みなさん、こんにちは。空気を読むを科学する研究所代表取締役の清水建二です。

 本日は、関係性崩壊の予兆を示す微表情についてご紹介したいと思います。

 夫婦喧嘩の際にある表情が観られると離婚につながる可能性が高いことが知られています。それは以下のどの表情だと思いますか?(解答は本文の最後を見て下さい。)

⇒【画像】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=110342

4年後に90%が離婚する表情!

 離婚というものは、あらゆる強いネガティブな感情が様々なプロセスを経て繋がる可能性があるものです。そのため相手の全てのネガティブ表情や抑制された無意識の表情である微表情に注意を払い、その意味を考えることが大切であることは言うまでもありません。

 しかし、家族心理の研究で有名なゴットマン博士の研究によれば、夫婦ケンカの際にある表情が観察されると、その4年後には90%の夫婦が離婚することがわかっています。

 その表情とは、「軽蔑」と「嫌悪」です。特に男性には軽蔑の表情が多く、女性には嫌悪の表情が多く観察される傾向にあると言います。

次のページ 
「軽蔑」と「嫌悪」はコミュニケーションを阻害する

1
2
3
微表情を見抜く技術

無意識の感情の表われ「微表情」を読み取ることで、誰でもコミュニケーションの達人になれる!

4
5
関連記事
6
7