「9条が日本の平和を守っている」。盟友、山崎拓が弔辞で明かした加藤紘一との日々

菅野完

「加藤紘一さん告別式」の会場に掲げられた加藤紘一・元自民党幹事長の遺影=15日午前、東京都港区の青山葬儀所(時事通信社)

 加藤紘一が死んだ。

 宮沢内閣崩壊による自民党の野党転落、その後の自社さ連立政権による与党復帰、そして森内閣の誕生。。。自民党の最も多難な時期を支え続けた「保守本流のプリンス」の葬儀だけあって、一五日正午から執り行われた東京・南青山の青山葬儀所での加藤家・自民党の合同葬には、多数の自民党幹部が参列した。

 列席者の顔ぶれは、さながら「自民党の歴史」そのもの。安倍晋三を始めとする現職幹部はもとより、小泉純一郎や福田康夫などの総理経験者、そして青木幹雄や野中広務など、「あの頃の自民党の生き証人」たちが勢ぞろいしている。

 安倍総理に続き、弔詞を読み上げたのは、山崎拓。90年代中盤から2000年代冒頭の自民党政治は、山崎・加藤・小泉による盟友関係「YKK」抜きに語れない。

 「YKK」の始動は、91年。彼ら3人は、当時専横の極みに達していた経世会(竹下派)に反旗をひるがえす存在として注目を浴びた。その後小泉純一郎が総理に就任するまでの約10年間、彼らの動きは自民党内外の政局に影響を与え続ける事となる。今から思えば、「保革左右が党内で対立しあい、その対立がダイナミズムを生む」という自民党らしい政治運営の最後の姿が、「YKK時代」だったのかもしれない。

 あの頃の自民党に比べれば、「党内を一色に染め上げてこそ政党」と言わんばかりの今の自民党の姿は、幼稚園のお遊戯会のようですらある。

 山崎拓が読み上げた弔辞は、彼と加藤紘一の友情関係を振り返りつつ、そんな「古きよき自民党の姿」を浮き彫りにするものだった。

 その弔詞全文の書き起こしを、以下にあげる。

次のページ 
盟友・山崎拓が読み上げた弔辞(書き起こし)

1
2
3
日本会議の研究

「右傾化」の淵源はどこなのか?「日本会議」とは何なのか?

4
5
関連記事
6
7