ベストセラー『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』の印税はFXで消えていた!

’05年の発売以来、累計164万部を突破し、今なお売れ続けるベストセラー『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』。その著者である公認会計士・税理士の山田真哉氏は、株やFXなどの投資家としての顔も持っている。だが一方で、その膨大な額の印税をFXにつぎ込み、溶かしてしまったという破天荒な投資体験をしたことも。最近では、そういった自身の経験も交えながら、お金や経済、投資についてわかりやすく解説するラジオ番組『浅野真澄×山田真哉の週刊マネーランド』が人気を集める山田氏に、過去の投資失敗談や現在の投資ライフについて聞いた。

山田真哉

山田真哉

――山田さんは『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』などのベストセラー作家としても知られていますが、実は投資家としても有名なんですよね。特にFXに関しては、過去にかなり痛い目に遭ったことがあるとか……。

山田:そうですね。ちょうどFXを始めた頃に『さおだけ屋~』の印税が入ってきたので、当時は余剰資金を結構たくさん持っていたんですよ。でも、そのとき稼いだ印税は、結構ざっくり持っていかれてしまいましたね……。

――最終的にいくら負けたんですか?

山田:5000万円です。

――すごい大金ですね! FXはいつから始めたんですか?

山田:’06年ぐらいに、知り合いの作家さんが「今、FXをやってるんだけどすごく儲かるんだよね」と言われて。試しに100万円くらい入れてみたら、あっという間に3倍くらいに膨れ上がったんですよ。それを見て「世の中、チョロいな」と思って(笑)。そこで、現金をどんどん入れていって、気がついたら本で得た印税の2000万円くらい投資してました。トータルで数千万円ほど儲かっていたので、最終的な証拠金は5000万円ほどでしたね

次のページ 
レバレッジ100倍で50億円を動かした

1
2
山田先生とマネー番組をはじめたら、株で300万円儲かった

「これから投資デビューを目指す人が本当に必要な情報」だけを!

ハッシュタグ
4
5
関連記事
6
7