中国映画界で起きている“日本映画バブル”その理由を探る

中国の映画祭に出展した、日本の映画製作会社アジアピクチャーズエンタテインメント(APiE)のブース。中国に進出する日本のコンテンツ事業者は非常に少なく、来客が殺到したという(写真:APiE提供)

来年にはアメリカを抜き、中国が世界一の映画大国に⁉

 中国映画界に異変が起きている。’16年春、昨年日本でも大ヒットした『ビリギャル』が公開されるやいなや、約3800万元(約6億円)の興行収入を記録し、中国国内の日本実写映画の歴代興行記録を更新。さらに人気少女漫画『イタズラなKiss』や手塚治虫の名作『ブラック・ジャック』など、日本産コンテンツの中国版の実写映画化・ドラマ化が次々と進められている。

 これまでは日本のコンテンツは中国のネット配信では人気だったが劇場での公開は稀であった。日本コンテンツのリメイク実写映画の躍進にはどのような背景があるのか。中国で圧倒的な人気を誇る『イタズラなKiss』の日本映画製作とその中国販売を手掛けるアジアピクチャーズエンタテインメント・上野由洋CEOに話を聞いた。

「中国が空前の映画ブームの渦中にあることが前提にあります。現在の世界の映画市場規模は米国が1位ですが、中国は国策で映画産業の育成を進め、スクリーン数でも米国の4万を上回る10万スクリーンを目指す構え。’17年には米国を抜いて中国が世界一の映画大国になるといわれています」

⇒【資料】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=105393

次ページウケているのは「中国人にない発想」


※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は堅調

 本日のドル円は、東京市場では「中国は一部の米国製品に相互課税を賦課へ」との報道を受けたことにより、ドル安が進み一時110.07円近辺まで値を下げました。もっとも、日経平均株価が170円近く上昇したことを手掛かりにドルの買い戻しが強まり、ドル円は一時110.57円近辺まで値を上げました。欧… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「頑張りたくない」平成生まれ女子とマッチングするために昭和生まれ中年男性に必要な意識とは

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

20億円詐欺の「若作りおばさん」があぶり出した女の虚栄心

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

なぜ栗山英樹監督の「殺し文句」は、大谷選手を口説き落とせたのか?

清水建二

清水建二

微表情学

叱られているのにヘラヘラしている部下を、さらに怒鳴ってはいけない理由

都市商業研究所

都市商業研究所

三越のライオンが「ねこ」に!?――猫の手も借りたい!デパートで増える「ねこ系アートイベント」

安達 夕

安達 夕

韓国・文大統領の側近が有名ブロガーと接触し、世論操作した疑いが浮上。早くもまた政権交代か

橋本愛喜

橋本愛喜

日本人が公共の場で、“1人分のスペース”を死守する理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由