今年上半期のプレミアムカー販売台数でメルセデス・ベンツが11年ぶりに首位に

白石和幸

photo by jaygeorge(CC0 Public Domain)

 世界で車種を幅広く揃えたプレミアムカーのメーカーと言えばメルセデス・ベンツ、BMW、AUDIの3社である。この3社の中で世界の販売台数においてBMWが2005年からトップの座を独占して来た。しかし、今年上半期の実績は11年振りにメルセデス・ベンツがBMWを抜いたのである。その実績を以下に紹介する。(参照:「Drigentes Digital」)

メルセデス・ベンツ:1,043,273台
BMW:986,557台
AUDI:953,218台

 メルセデス・ベンツは今年に入って第1四半期で既に13%の伸びを見せて483,487台を販売し、一方のBMWは6%の伸びに留まり478,743台の販売であった。AUDIは4%の伸びで455,750台であった。(参照「Cinco Dias」)

次のページ 
ベンツのセールス好調の鍵は?

1
2
3
ハッシュタグ
4
5
関連記事
6
7