人を惹きつけるためには、視線は上下左右どこに外すといい?

Sergiy Tryapitsyn / PIXTA(ピクスタ)

 話を聞いていて、つい引き込まれる人もいれば、逆に、話を打ち切りたくなる人もいる。パーティーなどの場で、つい近くに寄りたくなる人もいれば、離れたくなる人もいる。日頃から、人の輪の中心になる人もいれば、孤立している人もいる。誰しも、双方のタイプの方々が、すぐに何人も思い浮かぶに違いない。

相手を引き付けるための、とても簡単なスキル

「両者の違いは何だろうか?」  演習で問いかけると、人間としての魅力、総合力、コミュニケーション力……といった、漠然とした答えが返ってくる。そして、「相手を引き付ける力というものは、生まれ持った資質や、その後の長年の人生で培われたものだから、今更どうしようもないし、少なくもとも一朝一夕には変わらない」という見解に接することが実に多い。  もし、誰でも知っていて、とても簡単なスキルを身に付けさえすれば、相手が自分の話に引き込まれるようになり、相手が近づいてくる度合が高まり、人の輪の中心になれるとしたら、そのスキルを身に付けてみようと思わないだろうか。それもたった1分の、一人でもできるやり方を、繰り返して身に付ければよいのだ。今回は、そのスキルの身に付け方を紹介したい。
次のページ 
鍵は「視線の外し方」
1
2
3
4
チームを動かすファシリテーションのドリル

「1日1分30日」のセルフトレーニングで、会議をうまく誘導し、部下のモチベーションを自然にあげられる!

4
5
関連記事
6
7