LINEとクックパッドに見る、国産ITサービスが海外戦略に失敗するワケ

 LINEがとうとう上場した。事前の公募価格に基づく予想では、時価総額は5000億円程度と見込まれていたが、蓋を開けてみれば初日の終値換算で9100億円と、予想を上回る結果となった。

LINE本社が入る渋谷ヒカリエ photo by Kakidai CC BY-SA 3.0

 しかし、LINEは一昨年に上場申請した際、時価総額2兆円規模もありうると言われていた。それが半減以下に落ち込んだ背景には、ここ2年の同社の世界展開における苦戦がある。

次のページ 
世界、アジアのシェア競争に出遅れたLNE

1
2
3
4
5
6
進め!! 東大ブラック企業探偵団

ニッポンを救うホワイト企業はここだ!!

4
5
関連記事
6
7