吉原毅・城南信用金庫相談役「都知事選でも原発を大きな争点に!」

 小泉純一郎・元首相が、「原発即時ゼロ」を訴えて全国行脚で講演を行っている。毎回、数百人から千人規模の会場が満員になり、ますます熱気を帯びているという。この一連の講演をプロデュースしたのが城南信用金庫の元理事長(現相談役)、吉原毅氏だ。小泉氏が講演会などで語った言葉を再構成し、1冊にまとめた『黙って寝てはいられない』も7月10に刊行されている。

参院選・都知事選で、野党側も意図的に原発を争点から外している

吉原毅氏

 先日行われた参院選では、原発はほとんど争点にならなかった。このことについて吉原氏はこう語る。

「福島第一原発事故が起きてから5年が経過し、国民の間に関心が薄らいでいるといわれますが、高濃度の放射能汚染は何千年たっても解決される見通しがありません。電力会社と政府、財界が進めてきた原発政策が破綻しているにもかかわらず、目先の利権のために再稼動が行われようとしている。こうした社会的不正義を是正するのは、やはり政治の力です。

 参院選では原発とエネルギーを争点とした選挙が行われるべきでした。しかし、与党のみならず野党にも原発推進勢力が根強く存在し、意図的に争点から外しています。これが『野党共闘』に国民が信頼を置かない大きな原因となっている。

 都知事選も同じです。福島や新潟の原発の電力を使うのは東京都民で、大きな争点にならなければなりません。

 原発をやめるということは、ウォールストリートを頂点とする国際的な利権社会に戦いを挑み、現代人の病理である『経済至上主義』つまり『拝金主義』に反省を加えることでもあります。

 世論調査を見ると国民の過半数は脱原発です。この動きは決して止まらない。これを避けてこっそり原発再稼動を進めようとする欺瞞的な政治家は国民から見放され、大きな反省を強いられることになるでしょう」

次のページ 
「原発ゼロ」を訴え、小泉元首相と全国行脚

1
2
3
黙って寝てはいられない

日本は「原発即時ゼロ」で発展する!

4
5
関連記事
6
7