機能性よりサイズとデザイン!? スマホ選びは見た目が7割

スマホ選び_iPhone “2年縛り”の解除に、SIMフリー携帯の躍進と、何かと話題に事欠かないスマホ業界。そんな中、日本人の約7割が持っていると言われるiPhone最新機種のリリースも控え「この機会に買い換えよう」と考えている人も少なくないのでは?

 しかし、そもそもユーザーは、スマホに何を求めているのだろうか?

 3月にMMD研究所が先日公表したデータによると、スマホユーザーの約7割が、スマホ購入時に重視する点に「サイズ感」と「デザイン」をあげている。

決め打ちで購入。重視するのは「サイズ感」と「デザイン」


 MMD研究所が、2016年2月25日~3月1日に、上位5社の端末(iPhone、Xperia、AQUOS、ARROWS、Galaxy)利用者を対象に調査したアンケートによると、33.1%の人が、スマートフォン購入までの検討期間は「1日」、45.1%の人が「決めうちで購入」と回答している。

 また、重視する点として、「画面のサイズ感」と回答した人が71.6%、「端末のサイズ感」と回答した人が70.7%、「端末のデザイン」と回答した人が65.7%となっている。

 さらに、満足している点として7割以上の人が「画面のサイズ感」「端末のサイズ感」「端末のデザイン」を挙げている。

次ページiPhoneユーザーの約7割が「他に検討した端末はない」と回答


※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は一時106円割れを試す展開

昨日のドル円は、107.373円で取引を開始した後、朝方から日本株高を見越した円売りが入りました。東京市場の午前においては、日経平均株価が250円超の上昇となったことを受けて、ドル円は目先のストップロスを巻き込み一時日通し高値となる107.49円近辺まで上昇しました。午後に入ると、日経平均… [続きを読む]