いち早くAndroid 6.0アップデートを開始したドコモ「Xperia Z5」。どこが変わった?

Android 6.0_イメージ メーカーが一つに限定されるiOSと違い、端末が新OSに対応するまでに、どうしても時間がかかってしまうAndroid OS。しかし今回、異例の速さでドコモ版のXperia Z5シリーズ(Z5、Z5 Compact、Xperia Z5 Premium)にAndroid 6.0の提供が開始され話題になっている。

 すでにドコモでは3月2日から、Xperia Z5シリーズに向けて、Android 6.0 Marshmallowのアップデート提供を開始。海外版Xperia Z5シリーズに先駆けての、世界最速での提供となった。

「Now on Tap」「Runtime Permission」「指紋認証機能」などに対応


 昨年10月にリリースされたAndroid 6.0 Marshmallowでは、起動中にアプリからユーザーの欲しい情報を予測提案する「Now on Tap」、アプリの情報アクセス許可設定「Runtime Permission」、指紋認証対応などが目玉機能だったが、今回のアップデートで、Xperia Z5シリーズでもこれらの機能が利用できるようになった。

Android 6.0_HP

OSへの対応機種は順次増えていく予定だ

 また、端末スリープ中に一定条件化で動作する省電力機能「Dozeモード」にも対応し、アップデート後には、従来の「低バッテリーモード」がAndroid標準の省電力機能に置き換わる。残念ながら「STAMINAモード」は一時的に使用できなくなるが、4月下旬以降のソフトウェアアップデートで使用可能になる予定だ。

 今回のアップデートでXperia Z5シリーズで利用できるようになった機能一覧は下記の通り。

・Xperiaホームに、画面スワイプ時のエフェクトを変更する機能が追加。ホーム画面を自分好みにカスタマイズできるようになる。

・カメラのUIが新しくなり、スワイプ操作でビデオ撮影やマニュアルなどへ切替できるようになる。

・通話履歴画面で「通話履歴フィルター」(不在着信、着信、発信等)の項目が常時表示される。

・最近利用したアプリ画面の視認性が向上。画面の操作に合わせて、下部に表示されるスモールアプリバーが隠れるようになる。

・通知パネルに表示されるスクリーンショット画像を、通知パネル上共有に加え、消去もできるようになる。

・指紋によるロック解除設定時のセキュリティーを強化。携帯電話の電源を入れた際などに、設定された画面ロック解除方法で本人確認ができるまで、指紋によるロック解除ができなくなる。
※AndroidTM 6.0より、指紋認証設定時の画面ロック解除方法が追加される。

次ページau、ソフトバンクも、ドコモに続き、Android 6.0バージョンアップ対象機種を発表


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は下げ渋るも上値は重い展開

昨日のドル円は、100.319円で取引を開始した後、東京市場において日経平均株価の260円近い下落を受け日通し安値となる100.08円近辺まで売り込まれました。その後はまとまったドル買いが入ったことや、日経平均株価がプラス圏に浮上し140円近く上昇したことで、投資家心理の改善を意識したドル… [続きを読む]