アプリ収益世界トップ10に、mixiなど日本企業3社がランクイン

 アプリ情報調査会社App Annieが、2月29日、2015年度アプリ開発企業収益(有料アプリとアプリ内課金)ランキング上位52社を公開。今回で4回目となったこの調査では、16もの日本企業がランクインした。

アプリ収益_イメージ

トップ10には、mixiをはじめ日本企業が3社もランクイン


 トップに輝いたのは、2013年にソフトバンクが買収したフィンランドの企業Supercell。代表作「クラッシュ・オブ・クラン」は、日本でも盛んにCMが流れていたため、ご存知の方も多いことだろう。続く2位には、これまた日本でもお馴染みのゲーム「キャンディークラッシュ」をリリースしているイギリスの企業Kingがランクインしている。

 そして、3位から5位までを日本企業が独占。mixi(代表作「モンスターストライク」)、4位ガンホー(代表作「パズル&ドラゴンズ」)、5位LINE(代表作「LINE」)と、1位、2位の外国企業も含め、大ヒットゲームをリリースした企業が上位にランクする結果となった。

⇒【資料】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=85485

アプリ収益_ランキング

App Annie発表「トップ52アプリパブリッシャー」

上位52社のうち半分以上が日中韓のゲーム開発企業


 10位以下の企業に目を向けてみると、アメリカ企業のほか、日本、中国、韓国の企業のランク入りが目立つ。日中韓の企業というくくりでみると、その数は全部で28社。半分以上の企業が、この3つの国で占められ、その多くがゲーム開発企業だった。

 ちなみに、米国の調査会社EEDARが公開した、北米(米国とカナダ)、日本、中国、韓国の4地域におけるモバイルゲーム市場に関する報告書「Deconstructing Mobile & Tablet Gaming 2015」によると、日本のユーザーが毎月モバイルゲームへ課金する額は平均24.06ドルで、他国と比べ突出している。

アプリ収益_EEDAR

EEDAR報告書「Deconstructing Mobile&Tablet Gaming 2015」

 ゲーム大国日本は、国内の企業のみならず、海外の企業にとっても“美味しい市場”のようだ。<文・写真/HBO編集部>


※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

強い米経済指標を受け底堅く推移

 昨日のドル円は、110.178円で取引を開始した後、東京市場の午前においては、リスク選好ムードから一転し円買い優勢の流れとなりました。日経平均株価は続伸して寄り付き一時200円超の上昇となりましたが、ドル円は市場において「超高速処理を利用して自動売買するアルゴリズム取引に絡んだ円買い・ド… [続きを読む]