2015年絶好調だった「FANG」をご存知? そして今年の「FANG」はどうなる?

photo by geralt(CC0 Public Domain)

「牙」の名を持つ2015年絶好調だった銘柄は?


“FANG”という言葉をご存じだろうか?英語で「牙」という意味があるが、この意味ではない。英和辞典で調べても、出てこないかもしれない。“FANG”は、米国で大人気の株式評論家でTheStreet.comの代表であるジム・クレイマーによる造語で、フェイスブック(FB)のF、アマゾン(AMZN)のA、ネットフリックス(NFLX)のN、グーグル(GOOGLE 現在は、アルファベット)のGの頭文字を合わせたものである。

 2015年の1年間の“FANG”株のパフォーマンスはすこぶる良かった。昨年1年間の米国株価指数のひとつであるS&P500が -0.7% に沈んだのに対して、フェイスブック+34.1%、アマゾン+119.0%、ネットフリックス+129.4%、アルファベット(旧グーグル)+46.6%と、素晴らしいアウトパフォームであった。

 ところが、2016年の年が明けると、“FANG”株は昨年と異なる動きを見せている。年初から3月3日までのパフォーマンスをみると、S&P500が -2.5% に対して、フェイスブック+4.7%、アマゾン-14.6%、ネットフリックス-14.4%、アルファベット-6.0%と、フェイスブック以外、S&P500に負けており、とりわけ、アマゾンとネットフリックスの下落幅が二桁と大きい。ブルームバーグやフォーブズなどは昨年末に「FANG株」が昨年ほど伸びないだろうという予想記事を出していたが、こと年初に関して言えばその予想が見事に当たったことになる。このままFANG銘柄は低調になってしまうのか?

次ページ年初来の “FANG”株の動向を仔細に観る


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

FOMCの声明発表の影響は限定的

昨日のドル円は、104.651円で取引を開始した後、東京市場においては、日経平均株価が堅調に推移したことを受けて、投資家のリスク志向改善を見越した円売りが先行し105.22円近辺まで上昇しました。前引け後付近では、「経済対策の事業規模は27兆円となり、安倍首相が午後に公表する」「政府、景気… [続きを読む]