さっぱり改善しないギリシャの状況。企業が国外脱出し、毎日600人失業者が出る

photo by kiss1014(CC0 Public Domain )

6万社が国外脱出する事態に


 ドイツ銀行の件などにユーロ圏の話題がかっさらわれていた感があるが、その間もギリシャは相変わらず、どころかより深刻な事態に陥っていたようだ。

 2月24日付のスペインの経済紙『elEconomista』によると、〈税金の値上げと景気の低迷で、企業は閉鎖するか或いは外国に移転するという事態が起きている〉という。その影響は〈40万社に波及〉したという。例えば、〈2009-2014年の間に6万社が税金の緩和と、安定した経済を求めて他国に移転した〉という。ギリシャのヨーグルトメーカーとして最大手の〈Fageは2012年にギリシャから他国に移転〉した。〈Coca Colaも同様〉である。

 ギリシャの中小企業が自国から出国した理由としては、税理士のディミトリス・ミケラキス氏によると、〈ギリシャの混乱状態にある徴税システムから逃れる為でもある〉という。例えば、〈ブルガリアでは税金として10%を払えば良いが、ギリシャでは35%、しかも頻繁にその税率が変わる〉というような感じなのだ。彼自身が経験したこととして、「昨年、自分の所得税を払った時も27.5%であったのが、数日経過すると55%になっていた」と語った。

 この点には、ブルガリアに移転した靴の生産業者コスタス・アマナティディアも同意している。〈「ブルガリアでは一旦税金を払えば問題はない。(ギリシャのように)あとから追加請求は来ない」〉と語っている。

 テキスタイルの生産業者、パンデリス・フィリピデスは、前政権の間違った投資が問題の起因だとして、〈「企業が苦しでいる時に政府は銀行救出に走った」〉と政府への不満を語っている。それが要因となって〈企業はブルガリア、セルビア、アルバニア、トルコなどに移転せざるを得なくなった〉というのだ。その一方で、ブルガリアの大統領は〈ギリシャ企業のお蔭で10万人の雇用が生まれた〉と指摘して喜んでいるという。(参照:「DW」)。

次ページ国外脱出できない企業に待ち受ける「倒産」


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

英国民投票によるショック相場が継続

昨日のドル円は101.838円で取引を開始した後、先週末の英国民投票で欧州連合(EU)離脱派が勝利したことを受けたリスクオフへの警戒感が継続し、ドル買い・円買いが先行しました。東京市場の午前においては、先週末に1,000円超下落していた日経平均株価が300円程上昇に転じ、ドル円は日通し高値… [続きを読む]