全然お得じゃない!? スマホ5000円以下の新料金プランにご用心!

新料金プラン「スマホの利用料金が高い!」。そんなユーザーの声に応える形で総務省が大手3キャリアに月5000円以下のプラン導入を要望したのは記憶に新しい話。いち早く対応を見せたソフトバンクに続き、ドコモとauも4月からスタートする新プランを発表した。大手3キャリアの新プランが出揃った今、本当にお得なプランなのかを検証していくことにしよう。

ソフトバンクの恩恵はライトユーザーに限定


ソフトバンク 総務省からの要望に対し、もっとも素早い対応を見せたソフトバンク。データの通信容量を1GBとすることで月4900円のプランを実現。音声通話は、5分以内の通話なら、かけ放題の「スマ放題ライト」と国内通話かけ放題の「スマ放題」といった既存のプランから選択できる。なお、月4900円で利用できるのは「スマ放題ライト」を選択した場合のみ。つまり通話は1回5分以内で済ませることが多く、データ通信もほとんど使わないライトユーザーならお得に使えるプランといえよう。

⇒【資料】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=83333

新料金プラン001_ソフトバンクの新プラン

ソフトバンクの新プラン

auはスマートバリューを適用すれば安い!


au auの新プランは、1回5分までの通話なら通話無料となる「スーパーカケホ」と1GBのデータ通信プランを組み合わせたものが、月4900円で利用できる。この点はソフトバンクと同じ内容といえる。ただし、インターネット回線などの固定通信サービスを利用している場合は、スマートバリューが適用できるため、4月スタートの新プランの中で最安となる3966円から利用可能だ。

 なお、通話を頻繁に行うユーザーの場合、月額2900円の「カケホ」を選択するケースがほとんどだが、この場合は1GBのプランが適用できず、2GB以上の通信プランを組み合わせる必要があるため、月額は6500円となる。

⇒【資料】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=83335

新料金プラン002_auの新プラン

auの新プラン

ドコモは家族利用や複数台持ちのみ5000円以下で使える


docomo 回線ごとに通話プランとデータ通信プランを組み合わせるソフトバンクとauに対し、ドコモは現在提供されているデータシェアパックの下限を10GBから5GBへと引き下げることで低価格化を実現。月額9500円の10GBパックに対し、5GBパックなら6500円で利用できるため、従来よりも3000円安く利用することができる。

 3台利用の場合、すべて5分以内の通話が無料となるカケホーダイライトプランを選択すれば、総額で1万3500円となるため、1台当たり4500円で使うことができる計算だ。データ通信料も均等に割ったとしても約1.7GBまで使えるため、2GBパックで容量を余らせているユーザーなら恩恵を受ける可能性が高いプランといえる。

 ただし、他社のように1GBの通信プランが新設されないことに加え、既存のデータ通信プランの値下げは行われないため、恩恵を受けられるのは家族で利用している場合や複数台持ちのユーザーに限られる。なお、学生が含まれる場合は、1GBのデータ通信容量がプラスされるほか、15年以上利用している場合は、800円の割引が適用されるため、さらに安く利用することもできる。ただし、1回線でもヘビーユーザーがいる場合は、他の回線に影響を及ぼす可能性もあるため注意が必要となる。

⇒【資料】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=83337

新料金プラン003_ドコモの新プラン

ドコモの新プラン


次ページ既存ユーザーは逆に負担増になることも!


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円、101円台超えず手前でのレンジ相場

昨日のドル円は100.297円で取引を開始した後、東京市場は秋分の日のため休場となりました。市場参加者が少なく薄商いの中、21日の米利上げ見送りによる円高・ドル安の流れを引き継ぎ、100円台前半での狭いレンジ相場となりました。午後に入ると浅川雅嗣財務官が円相場について「いつも以上に注意を払… [続きを読む]