銀座「爆買い争奪戦」勃発! 韓国の雄・ロッテ免税店に勝算は?

銀座爆買い_東急プラザ銀座

数寄屋橋交差点に位置する東急プラザ銀座の外観

 国観光局の発表によると、2015年の外国人観光客数は1973万7400人。このうち、499万人と一番多かった中国人観光客が消費した額は、1兆4174億円。観光立国政策で経済成長を下支えしようとする安倍政権の狙いは、今のところは目論見どおりの結果となっているようだ。

 そんな爆買いに沸く日本の現状を最も実感できる街が、銀座だ。お金を持った中国人観光客を一人でも多く囲い込もうと、百貨店がしのぎを削っており、松屋銀座は昨年9月、外国人客に特化した化粧品売り場を設け、三越銀座店もほぼ同時に、購入品の海外配送や免税手続きなどのサービスを始めている。

 そして、このビジネスチャンスを外国企業も見逃すハズはなく、3月31日に開業する「東急プラザ銀座」には、業界第3位の規模を誇るロッテ免税店が進出する。

 韓流スターを広告塔として起用し、ここ10年で急成長を遂げているロッテ免税店。ライバルの多い銀座で、どういった特徴を出していく予定なのだろうか? 「数年前から計画は進行していた」というロッテ免税店JAPANのマーケティングマネジャー・卯木氏に、その戦略を聞いてみた。

東京オリンピック開催まで、爆買いは続く!?


銀座爆買い_ロッテ内装

ロッテ免税店銀座の内装イメージ

 中国人観光客の需要を狙うのであれば、ライバルの多い銀座よりも、中国本土の大都市に出店する方が、より多くのお客を囲えるはず。しかし、あえて日本の、それも激戦区に出店する理由は何なのだろうか?

「日本の市場、特に銀座という街は、非常に将来性のある土地だと考えています。昨年、日本に来た中国人観光客は約500万人。東京に来た観光客のうち、7割近くもの方が、ショッピングを目的に銀座に訪れているそうです。この状況は、2020年の東京オリンピックまで伸長するのではないかと、我々は見ております」

 ロッテ免税店全店で見ても、中国人観光客の占める割合は約5割。「旺盛な消費意欲は衰えていない」と卯木氏は見ている。

次ページ囲い込む客は、個人客ではなく団体客


※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドイツ銀行株下落を受けドル売り加速

昨日のドル円は、100.655円で取引を開始した後、東京市場において28日におけるOPEC(石油輸出国機構)非公式会合での生産制限合意を受けて原油先物相場を中心に投資家のリスク志向が改善された流れを引継ぎ、日経平均株価の290円超高とともに101.74円近辺まで上げ幅を広げました。欧米市場… [続きを読む]