バーニー・サンダースがアイオワで語った言葉【演説完訳】

YouTubeより

 ようやく日本でもバーニーサンダース旋風が伝えられるようになってきた。

 しかし遅きに失した感もある。今後開催される予定の各州予備選で、明確に「サンダース候補がクリントン候補を抑える」との事前予想を立てられるものは、ほぼない。彼の圧勝が事前の世論調査からも明確に予見し得たのは先日行われたニューハンプシャー予備選までだ。今後、民主党の候補者レースが進むにつれサンダースは苦戦を強いられるだろう。

 とはいうものの、アイオワ州予備選でクリントン候補とほぼ同率の得票を獲得し、ニューハンプシャーで圧勝をおさめたことは、驚嘆に値する。去年、彼の出馬表明を見て、ここまでの善戦を予想したものはいなかったはずだ。中には、バーニーサンダースを泡沫候補扱いする人々もいた。

 かくいう筆者も、「バーニーサンダース、やるかもなぁ」と真剣に彼のキャンペーンに注目するようになったのは、去年10月のことでしかない。

 ともあれ、サンダースはこうした予想を完全に覆した。今後の予備選の雲行きは不透明なものの、2016年2月中旬の現段階でサンダース候補が善戦しており、全米を対象とした世論調査ではクリントン候補との支持率はほぼ拮抗するまでになったことは事実だ。

 現実を直視しよう。

 今後の予備選の趨勢は予断を許さないものの、サンダースの支持率は上がっている。

 アメリカの有権者が決して高くは評価しない高齢/猫背/メガネと言う外見上の特徴や、社会主義者だと自称する特異なポジショニングがありながら、サンダースの支持率は上がっているのだ

 これが現実なのである。

 そしてその現実を直視するためにも、区区たる分析に取り組むのではなく、まず彼が何を言い、何を有権者に語っているのか、そのまま聞いてみよう。

次ページバーニー・サンダース、2月1日の演説


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ショック相場が落着き102円台後半まで回復

昨日のドル円は101.971円で取引を開始した後、東京市場の午前においては、日経平均株価が節目である15,000円割れを試したことで、日通し安値となる101.55円近辺まで円買いが進みました。その後、経済財政諮問会議で安倍首相は「市場を注視して細心の注意を払う」と述べたほか、黒田総裁は日銀… [続きを読む]