「おそ松さん」ブーム到来!「チビ太のおでん」に見るサークルKサンクス“おでん”へのこだわり

 2015年10月に、赤塚不二夫の生誕80周年を期にテレビ東京にて放送が始まるや、多くのファンを虜にしている「おそ松さん」。この作品は、「シェー(byイヤミ)」で有名な「おそ松くん」の続編であるが、特集記事を組んだ「アニメージュ2月号」が、36年ぶりの重版となったほか、出版界では「おそ松さん」関連の本が飛ぶように売れ、いまやオリジナルを凌ぐ程の人気なのだ。

チビ太のおでん_コンビニ

焼きちくわに刺さった棒が見えたら、それが「チビ太のおでん」。具が刺さりやすいように、棒の先はフォーク状になっている

 そんな中、登場キャラの一人・チビ太の好物として有名な“おでん”が、今年1月、サークルKサンクスで再販され、話題となっている。

「再登場に伴い、1月のおでん全体の売れ行きは10%以上伸長しました」

 サークルKサンクスのデイリーフーズ部・永野敦史さんがこう語るように、再販後の評判も上々のようだ。しかし、このおでん、漫画の中でチビ太が手にしているおでんとは、ちょっとどこか違う気も……。そこで今回は、サークルKサンクスのロングセラー商品「チビ太のおでん」に関する素朴な疑問を、永野さんにぶつけてみた。

3種類の味を安価で提供することにこだわった


チビ太のおでん_のれん 1993年に発売されて以来、多くの人に愛されている「チビ太のおでん」。2014年には一度、販売を中止するが「たくさんのお客や加盟店から問い合わせがあった」ため、今年に入り再販が決まったのだという。しかし、当時は「おそ松さん」ブームもなかったはず。なぜ、「チビ太のおでん」を発売することになったのだろうか?

「当時のおでんは、1個1個の具材が大きくて、いい意味で食べ応えがあったのですが、ちょっと食べにくかったんです。そんな時『漫画に登場するような、串に刺した食べやすいサイズのおでんが作れないものだろうか?』というアイデアが出てきて。『だったら、チビ太が持っているおでんが、一番イメージに近い。あのおでんを作ってみよう!』となったのが、そもそもの始まりですね」

 なるほど。しかし、現在販売されている「チビ太のおでん」は、こんにゃく、練り物(うずら玉子巻)、焼ちくわで構成されているが、漫画では、こんにゃく、練り物(もしくは大根)、鳴門巻きで構成されている。鳴門巻きではなく、焼ちくわになった理由は何だったのだろうか?

「原作のイメージを崩さずに、1串で3種類の味わいをお手頃価格で楽しんでいただきたい。その点を一番にこだわった結果、現在の形になりました。発売以降、具材も少しずつ変化してきたのですが、2006年以降は、こんにゃく、練り物(うずら玉子巻)、焼ちくわの構成で販売しています。ただ、お客様に美味しくフレッシュなおでん種を提供するために、北海道のみ、うずら玉子巻ではなく、ウインナー巻きを使っています」

チビ太のおでん_実物

「チビ太のおでん」は現在、こんにゃく、練り物(うずら玉子巻)、焼ちくわで構成されている

 ちなみに、北海道では2月中旬に販売が終了する予定だという。北海道限定ウインナー巻き入り「チビ太のおでん」を堪能したい人は、125円(税込)を握りしめ、急いでサークルKサンクスに駆け込んで欲しい。

次ページ「おそ松さん」のおでんが、サークルKサンクスのおでんに近づいている!?


※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は101円台を超えるも方向感は出ず

先週金曜日のドル円は100.297円で取引を開始した後、東京市場では、祝日休み明けの週末実質5・10日(ゴトー日)とあって仲値決済に向けた円売り・ドル買いが先行し一時101.20円近辺まで上昇しました。しかし、11時を過ぎると、日経平均株価の下落につれドル売りが進み、ドル円は再び101円台… [続きを読む]