「食べログ」を超える?急成長の実名制グルメサービス「Retty」事業の将来性

 株式会社Rettyは、友人やグルメなユーザーのおすすめでレストラン検索ができる実名制のグルメサービス「Retty」を運営しています。既に2015年1月の段階で月間利用者数600万人の人気サービスでしたが、その後も毎月約100万人ずつユーザー数を伸ばし、11月の段階で1700万人を超えた模様です。

飲食店 また、3月にはVCから10億円の資金調達も行い「Retty2020 1億人構想」という中期目標の元、①グルメサービス国内1位②訪日外国人満足度1位③海外20カ国へのサービス展開を実現して、2020年には利用者1億人を目指すとするなど、その成長に期待が高まっています。

 ちなみに、資金調達した3月の段階では「食べログは競合でないですよ」みたいなスタンスだったのですが、7月の自社イベントで「主要エリアでの月間口コミ投稿数は国内最大手グルメサービスを超えた」とぶちあげ、食べログが即反論するなど、そういう意味でも注目を浴びていました。

Rettyが挑む「食べログ」「ぐるなび」「ホットペッパー」


 そんなイケイケの「Retty」の2015年9月段階での決算データは下記の通り、かなりの赤字額となっていますが、「食べログ」や「ぐるなび」と勝負する、直近で10億円を調達済みというところを考えると、ここでアクセルを緩めることはないでしょうから、想定の範囲内といえそうです。

第5期決算公告 1月26日官報51頁より
当期純利益:△4億7676万円(昨年の推定、△1億7129万円)
利益剰余金:△7億5704万円(昨年の推定、△2億8029万円)
過去の決算情報 詳しくはこちら
http://nokizal.com/company/show/id/1652257#flst

 せっかくなので、この機会に「Retty」が挑む「食べログ」「ぐるなび」「ホットペッパー」既存の主要なグルメサービスの数字を具体的に比較してみたいと思います。

Retty_食べログ※作成にあたっての参考数値情報(2015年現在)
ぐるなび()、ホットペッパー()、食べログ()、Retty(

スタートした時代のトレンドを反映するグルメサービス


 まず、それぞれのサービスの特徴が事業開始当時のインターネット業界のトレンドを反映していることが分かります。1996年(Yahoo!Japanが出来た年です)に事業を開始した「ぐるなび」や2003年に始まった「ホットペッパー」は、強力な営業力を駆使して、店舗の情報を集めてきて掲載料をもらう、という紙媒体からの展開を引き継いでます。

「Wb2.0」や「ロングテール」がトレンドになっていた2005年に作られた「食べログ」にはCGMや口コミといった性質が、Facebookに代表される実名性SNSが本格的に普及し「アドテク」や「ビッグデータ」が叫ばれた2011年に登場した「Retty」では実名、おすすめといったコンセプトが土台になっていますね。

実はまだ伸び続けているネット系グルメサービス市場


 次に、Rettyのような新しいサービスだけでなく、開始20年を迎える「ぐるなび」も含めて、まだネットのグルメサービス全体が伸びている、というのは「ぐるなびやホットペッパーなんて今時使わないでしょ、食べログかRetty見るよ」という情報感度が高めの人たちには意外に思えるかもしれません。

 ただ、地方に行くと食べログを検索しても、チェーン店くらいしか引っかからないというケースも結構ありますし、その場合は「ぐるなび」や「ホットペッパー」の営業網が有効そうです。また、これらのグルメサイトは複数使いしている人が多いというデータもあるので、「会社の幹事任されたから、食べログで点数良さげなとこに当たりをつけて、実際に店のHPいったらぐるなびページだった」みたいなのは東京でも想像できますね。

次ページ売上首位は「ホットペッパー」も利益は「ぐるなび」強し


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は一時106円割れを試す展開

昨日のドル円は、107.373円で取引を開始した後、朝方から日本株高を見越した円売りが入りました。東京市場の午前においては、日経平均株価が250円超の上昇となったことを受けて、ドル円は目先のストップロスを巻き込み一時日通し高値となる107.49円近辺まで上昇しました。午後に入ると、日経平均… [続きを読む]