「社会主義者」を自称するサンダース候補の猛追で前代未聞の事態となった米大統領選

photo by Gage Skidmore on flickr(CC BY-SA 2.0)

米大統領選に起きた「異変」


 アメリカ大統領選挙がいよいよ「公式」にスタートする。

「公式」と言っても、アメリカの大統領選びはいささか複雑だ。

 11月に行われる大統領選挙本選の前に、まずは、各政党が候補者を選ばねばならない。
 この各政党での候補者選びは、約9か月の長丁場になる。選び方は基本的には各政党の自由に任されている。日本の各政党の党首や総裁選びがその政党の任意に任されており公職選挙法等の公法による制約を受けないのと同じだ。従って「公式」とは厳密には言えない。 しかしながら強力な二大政党制の米国では民主・共和両党に於ける候補者選びは、実質的に大統領職へ向けたレースの一環として扱うしかない。

 この複雑な大統領候補選び→大統領選挙本選までのスケジュールを表にまとめてみた。

⇒【資料】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=79799

 この表でわかるように、大統領レース最初の関門が、2月に開催される最初のアイオワ州党員集会だ。そのため、目下、アメリカの各メディアが民主共和両党の候補者支持率世論調査を発表している。

 CNNが1月24日に報道したところによると、アイオワ州の党員大会出席予定者における各候補者の支持率は以下のとおりだ。
(Kopan, Tal. “Donald Trump, Bernie Sanders hold solid leads in Iowa, CNN/ORC poll finds.” CNN 2016年1月24日)

⇒【資料】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=79800

 共和党ではトランプがリード。そして民主党ではなんとヒラリー・クリントンではなく、バーニー・サンダースがリードという結果となったのだ。

 CNNのみならず、各社ともに同じような世論調査の結果になっており、大方のアメリカのメディアは、「トランプ躍進」より「サンダース優勢」を驚きをもって迎えている。

次ページ「サンダース躍進」を報じぬ日本メディアの鈍感さ


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は101円台を超えるも方向感は出ず

先週金曜日のドル円は100.297円で取引を開始した後、東京市場では、祝日休み明けの週末実質5・10日(ゴトー日)とあって仲値決済に向けた円売り・ドル買いが先行し一時101.20円近辺まで上昇しました。しかし、11時を過ぎると、日経平均株価の下落につれドル売りが進み、ドル円は再び101円台… [続きを読む]