iPhone 7の全貌が見えてきた!? 次世代iPhoneは、こうなる!

iPhone7_image 年が明けた。ということは、また新たなiPhoneが誕生するであろう年がきたということだ。iPhoneはいままでナンバリングが刷新されるフルモデルチェンジと、モデル名に「s」がつくマイナーチェンジを繰り返すライフサイクルとなっていた。そして昨年発売されたモデルはiPhone 6s/iPhone 6s Plus。つまり今年発表されるiPhoneは、「7」というナンバリングをつけたiPhone 7になることが予想される。

 そしてアップルの特許情報やリーク情報から、iPhone 7がどのようなスマートフォンになるのか、おおよその全体像が見えてきた。

リキッドメタルを採用したボディ


 従来のiPhoneはアルミ合金ボディを採用してきた。iPhone 6s/iPhone 6s Plusには航空機・戦闘機などにも使われてきた軽量かつ高硬度な7000番台のアルミ合金が用いられている。

 アップルとしてはさらなる薄型化を目指したいのだろう。iPhone 7ではリキッドメタル(液状金属)とガラスを融合させる技術が使われているとみられている。2014年の頃から噂されていた技術であり、本体の薄型化が狙えると共に、液晶とガラスの隙間をなくす設計とすることで映り込みの低減、鮮やかな色表示、タッチレスポンスの向上と、さらなるメリットも追求できる。

iPhone7_Patently Apple

「Patently Apple」より

http://www.patentlyapple.com/patently-apple/liquidmetal/

有機ELディスプレイの搭載


 Apple Watchにも採用された有機ELディスプレイがiPhone7にも採用されるという話もある。サムスン製の有機ELディスプレイが使われるという記事を出したのはETNewsだ。

iPhone7_ETNews

「ETNews」より

http://www.etnews.com/20151023000208

 またソニー、パナソニックの有機ELディスプレイパネル開発部門と、ジャパンディスプレイと産業革新機構が合併して作られたJOLEDとアップルがパートナーシップを形成。将来のiPadで有機ELディスプレイが採用されるというニュースもある。

iPhone7_WCCF TECH

「WCCF TECH」より

http://wccftech.com/apples-ipad-pro-coming-oled-displays/

 ただし有機ELディスプレイは、現在の技術だと歩留まりが低くく、iPhoneのような大量生産品のパーツとして使うには適さないという説もある。

iPhone7_9TO5Mac

「9TO5Mac」より

http://9to5mac.com/2015/11/10/amoled-iphone-7-screens-lcd/

 いずれにしても薄型化と低消費電力化に貢献する有機ELディスプレイは、それだけ期待度と注目度の高いアップデート項目というわけだろう。

次ページデュアルカメラ搭載か?


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

英国民投票の結果を受けてドル円は2013年11月以来の安値

昨日のドル円は106.434円で取引を開始した後、英ユー・ガブ社が実施した国民投票を済ませた人を対象とした世論調査で「残留支持52%、離脱支持48%」と伝わると、日通し高値の106.81円近辺まで上昇しました。東京市場の開始直後には、サンダーランドで離脱支持が残留支持を上回ったと伝わると急… [続きを読む]