会社の派閥抗争に巻き込まれそう。まず最初にとるべき行動は?

 職場でのいさかいは厄介だ。本人たちが反目しあうだけならまだしも、周囲も巻き込む。派閥争いにも発展する。運悪く板挟みになったら、どう振る舞うべきか。

サラリーマン 今回は池波正太郎の傑作捕物帳『鬼平犯科帳〈1〉』(池波正太郎著/文春文庫)から、仕事づきあいのヒントを探りたい。この人気シリーズの主人公・長谷川平蔵は実在の人物がモデル。放火犯や盗賊といった凶悪犯を取り締まる「火付盗賊改方」を率い、事件に挑む。

「手下の者のすべての身になって、おつとめをするのでなくては頭領の値打ちなし」


 本シリーズには、さまざまな盗賊が登場する。どんな集団にも統率は不可欠。「手下の者のすべての身になって、おつとめをするのでなくては頭領の値打ちなし」を信条にか掲げるのは大泥棒として名高い“海老坂の与兵衛”。当然ながら、子分の信頼も厚い。

 この“すべての身になる”は、集団をとりまとめる基本姿勢を示唆する。トラブルの渦中にいると、もめごとの”主役”ばかりに気を取られがちだ。だが、あえて周辺に目を向けたい。もめごとを制圧できるキーマンは案外、離れたところにいるものだ。

「女という生きものには、過去もなく、さらに将来もなく、ただ一つ、現在のわが身あるのみ」


“鬼の平蔵”の初恋の相手が盗賊の一味として捕まる。ふてくされた態度で取り調べに応じる姿に、かつての面影はない。平蔵は「女という生き物は(中略)現在のわが身あるのみ……ということをおれたちは忘れていたようだな」と語る。

 女に限らない。人は置かれた立場や状況でいとも簡単に態度を変える。昔はこんな人じゃなかったのに……”などと、過去の印象を重ねて嘆いても事態は好転しない。まずは現状を受け止め、注意深く観察する。巻き込まれつつあるもめごとの戦況を見極めるのが最初の一歩だ。

「いまの暮らしの基盤になっていることに、そむいちゃあいけない」


 情報屋・岩五郎が営む居酒屋に、謎の乞食坊主が現れる。坊主は岩五郎の顔相をほめた後、「いまの暮らしの基盤になっていることに、そむいちゃあいけない」と戒めた。

”暮らしの基盤”とは何か。職場なら「仕事を支障なく進められる環境」である。一見、大騒ぎしているように見えても、仕事がスムーズに進むようなら、仲裁は不要。限りある時間と体力は本来の仕事に役立てたい。

 もめごとはある日突然やってくる。やみくもに解決を目指すと、疲労困憊しかねない。まずは人間関係を観察し、情勢を見極める。すると、次にとるべき行動もおのずと見えてくる。<文/島影真奈美

―【仕事に効く時代小説】『鬼平犯科帳〈1〉』(池波正太郎著/文春文庫)―“

<プロフィール>
しまかげ・まなみ/フリーのライター&編集。モテ・非モテ問題から資産運用まで幅広いジャンルを手がける。共著に『オンナの[建前⇔本音]翻訳辞典』シリーズ(扶桑社)。『定年後の暮らしとお金の基礎知識2014』(扶桑社)『レベル別冷え退治バイブル』(同)ほか、多数の書籍・ムックを手がける。12歳で司馬遼太郎の『新選組血風録』『燃えよ剣』にハマリ、全作品を読破。以来、藤沢周平に山田風太郎、岡本綺堂、隆慶一郎、浅田次郎、山本一力、宮部みゆき、朝井まかて、和田竜と新旧時代小説を読みあさる。書籍や雑誌、マンガの月間消費量は150冊以上。マンガ大賞選考委員でもある。


この連載の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は一時102円台に突入

 昨日のドル円は、101.913円で取引を開始した後、東京市場において一時日通し安値となる101.84円近辺まで下落しました。黒田東彦日銀総裁が27日に米ジャクソンホールで開かれたシンポジウムで「必要ならばちゅうちょなく追加緩和を行う」「量、質、金利のいずれも追加緩和の余地は十分にある」な… [続きを読む]