転職を身近な人に相談する人はわずか3割。意外に孤独な転職活動

転職 ひと昔前と比べると、転職はそれほど気負いする活動ではなくなったが、人生を大きく左右する転職活動には、やはり慎重にならざるを得ない。価値ある情報を集めるのはもちろんのこと、身内や信頼できる人からのアドバイスは、よりよい転職活動を行うために、欠かすことのできない要素だ。

 しかし、このたび転職クチコミサイト「転職会議」が、20代、30代の転職をしたことがある、あるいは転職を考えている既婚ビジネスマン1800人に対して「転職をする際の参考意見」について調査したところ、約7割の人が「身内には相談せずに転職活動をしている」ことがわかった。

■会社、学生時代の先輩に相談した人は約2割
会社の先輩に相談した 13.8%
学生時代の先輩に相談した 5.2%
会社の先輩・学生時代の先輩両方に相談した 4.5%
(回答者=1588名)

■兄弟姉妹に相談した人は約1割
兄もしくは姉に相談した 5.1%
弟もしくは妹に相談した 2.8%
兄弟・姉妹全員に相談した 2.9%
(回答者=1805名)

■奥様に相談した人は約4割
奥様に相談した 40.4%
(回答者=1779名)

■親に相談した人は約3割
父親に相談した 4.4%
母親に相談した 10.5%
父親・母親全員に相談した 16.3%
(回答者=1789名)

 身内のなかでは、配偶者に相談をする人が多かったものの、それでも4割。転職は、想像以上に“孤独な戦い”になりがちなようだ。<データ提供/リブセンス・文/HBO編集部>


※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドイツ銀行株下落を受けドル売り加速

昨日のドル円は、100.655円で取引を開始した後、東京市場において28日におけるOPEC(石油輸出国機構)非公式会合での生産制限合意を受けて原油先物相場を中心に投資家のリスク志向が改善された流れを引継ぎ、日経平均株価の290円超高とともに101.74円近辺まで上げ幅を広げました。欧米市場… [続きを読む]