シルバー世代の流入に沸くゲームセンター。でも、儲かってる?

メダルゲーム 70年代は不良の溜まり場、80年代は学生の憩いの場、00年以降はオタクの交流の場として、形を変えながらも、街の風景の一つとして存在し続けたゲームセンター。しかし、家庭用ゲーム機、携帯ゲーム機の登場により、店舗数は徐々に減少。最盛期(1986年)には2万6000店あった店舗も、現在では5000店にまで減少している。

 そんなゲームセンターが、今、シルバー世代で賑わっているという。彼らのお目当ては、メダルゲームだ。セガエンタテインメントの吉野氏は「シルバー世代の客様は、都心よりもショッピングセンターなどに入っている地方の店舗に、よくお越しいただいてます」と語る。かつてほどではないとはいえ、ゲームセンターも景気を取り戻しているようだ。

 しかし、シルバー世代の多くは年金生活者。ちょっといやらしい話だが、儲かっているのだろうか? その実態を調査してみた。

お客のいない時間帯にシルバー世代が来てくれた


メダルゲーム

平日の昼間だったため、ゲームセンターにはほとんど人がいなかったが、メダルゲームのコーナーには、シルバー世代の姿がチラホラと

 日本アミューズメント産業協会が公開しているアミューズメント産業界実態調査(平成24年度版)によると、ここ10年のゲームセンターの売上は2006年をピークに減少傾向にある。いわゆる“音ゲー”こそ売上は好調だが、テレビゲーム、クレーンゲーム、プリクラなど他のジャンルは軒並み数字を落としている。もちろん、メダルゲームも例外ではない。売上高こそ、いまだクレーンゲームに次いでいるが、年5〜10%の割合で売上が減少している。しかし、シルバー世代のお客が増えだした3年前から「増えるとまでは言えないが、ほぼ横ばいで推移している」という。そして、その理由を吉野氏は次のように語る。

「ゲームセンターは、そもそも昼間はお客が入らないんです。でも、その時間帯をシルバー世代が埋めてくれた。客単価自体は決して高くないかもしませんが、今までなかった売上がそこに発生するわけですから、これはとてもありがたい話ですよね」

 メダルゲームは、他のゲームと違い、リピート率が高い。その理由は、一度山盛りになったメダルはお店に預け、再度来店して使用するしかないからだ。さらに使用期限を決めてしまえば、来店頻度を高めることもできる。「飲み屋でいうとボトルキープのシステムに似てますね」というように、1日の平均客単価が1000円程度だとしても、この継続性は客離れの激しいゲームセンターにとって、何より魅力的なのだ。

シルバー世代をきっかけに、より多くの客を呼び戻す


メダルゲーム

ゲームセンターには、軽食を楽しめるコーナーが隣接されている場合もあるが、シルバー世代向けの食事を提供する店舗は、まだ少ない

 ゲームセンターは現在、“上客”となったシルバー世代に向けて、さまざまなサービスを提供している。メダルのサービスや、シルバー世代向きのスタンプカードの配布はもちろんのこと、画面上に大きな文字で説明が映し出されるゲーム機の開発、さらには、茶菓子や毛布の無料貸し出しなど、その内容はバラエティに富む。

 しかし、メーカーの狙いは、シルバー世代の囲い込みだけに終わらない。

「ゲームセンターには、メダルゲームだけでなく、子供向けにキッズカードゲーム、大人向けに音楽ゲームやテレビゲームがあります。メダルゲームを遊びに来たシルバー世代をきっかけに、こういった別の世代のお客も取り込みたいと考えています。たとえば弊社では、KidsBee(キッズビー)という3世代で楽しめるビュッフェダイニングを展開しているのですが、そういった施設も今後、どんどん増やしていきたいと考えています」

 これはセガが経営するゲームセンターの話ではないが、都内某所のゲームセンターでは、メダルゲームを楽しむシルバー世代の客が、お互いが馴染みなのか、ゲームをしながらも世間話に花を咲かせていた。しかし、その笑顔はどこか物寂しい。セガの狙い通り、孫が来るようになり、そのお父さんお母さんが現れるようになった時、このご老人がたの笑顔は、もっと輝くのかもしれない。<文・写真/HBO編集部>


※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

英国民投票の結果を受けてドル円は2013年11月以来の安値

昨日のドル円は106.434円で取引を開始した後、英ユー・ガブ社が実施した国民投票を済ませた人を対象とした世論調査で「残留支持52%、離脱支持48%」と伝わると、日通し高値の106.81円近辺まで上昇しました。東京市場の開始直後には、サンダーランドで離脱支持が残留支持を上回ったと伝わると急… [続きを読む]