500万円以下の激安不動産でボロ儲けする方法

住人不在で価格が暴落した500万円以下という“激安物件”に目をつけて、初期投資を抑えながら高利回りを実現する投資家たちが増えている。彼らが買うのはワンルームのマンション物件などでなく、主に老朽化した戸建て物件だ。一見でかいゴミにしか見えないようなボロ住宅を、投資家たちはいかにカネを生む「金の卵」に変えているのか……。彼らが実践する“破格物件高利回り生活”を探った!

住宅業界の賢者がアドバイス!激安物件購入時のお得な知識


高橋洋子氏

高橋洋子氏

「激安物件のよさはランニングコストが安いこと。例えば固定資産税も法定耐用年数を過ぎた築古物件ならば、鉄筋に比べて3~5分の1程度。私も築45年の物件をリフォームして暮らしていますが、年に4万5000円です」

 そう話すのは住宅ジャーナリストの高橋洋子氏だ。ただし、リフォームの仕方には注意が必要だという。

「建物の構造変更や増築をした場合は新築扱いになることがあるんです。なので、キッチンの交換やフローリングの張り替え、外壁の再塗装程度に抑えることで、固定資産税を抑える工夫をすべきかと」

 また、購入時には担保価値がないため「ローンが組めない」という問題が発生するが、それにもやり方はある。

「不動産投資用のアパートローンで組むことです。金利は住宅ローンに比べて倍以上になりますが、500万円程度の物件ならばさほど痛手にはならないはず。また、リフォーム費用も単特でローンが組めますし、金利の安い『フラット35』ではお得なパックもある。資金が用意できない人でも併用すれば手が出しやすくなりますよ」

メモ

このように自分が買いたい家の条件をメモにしておくのも手だという

【高橋洋子氏】
FP。暮らし研究所「エメラルドホーム」代表。家探しの基本から中古住宅の価値向上とリノベーションの魅力を伝える活動を行う

― 500万円以下の激安不動産でボロ儲けする方法 ―


この特集の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドイツ銀行株下落を受けドル売り加速

昨日のドル円は、100.655円で取引を開始した後、東京市場において28日におけるOPEC(石油輸出国機構)非公式会合での生産制限合意を受けて原油先物相場を中心に投資家のリスク志向が改善された流れを引継ぎ、日経平均株価の290円超高とともに101.74円近辺まで上げ幅を広げました。欧米市場… [続きを読む]