ペット関連市場、キャットフードの伸びが牽引。今後も拡大予想

 5月13日、富士経済が国内ペット関連市場の調査結果を発表した。

ペット

photo by kitty.green66 on flickr( (CC BY-SA 2.0)

 同調査によれば、2014年のペット関連市場は、2013年のマイナス成長から転じて前年比1.7%増となったという。ペットフードが伸びて、全体をけん引した形だ。

 市場を牽引したのは飼育頭数が伸びているキャットフードだ。一般社団法人ペットフード協会の平成26年度の全国犬猫市域実態調査によれば、全国の犬の飼育頭数は約1034万6000頭で、ここ数年減少傾向にある一方で、猫の飼育頭数は995万9000頭で微増傾向にあるという。

 ペットフードは、縮小していたドッグフードが前年比で微増となった。この微増の要因になったのは、値上げを伴うリニューアルや、活発な新商品投入だったという。一方、キャットフードは安定した飼育頭数に加えて、各社が商品ラインアップの強化策を打ち出しており、今後も一層の拡大が続くと見られている。特にドライタイプが大きく伸び、ウェットタイプのレトルトパウチが好調だった。更に、プレミアムフードの構成比が犬用、猫用とも拡大している。また、療法食やサプリメントなど犬猫の健康をサポートする商品も伸びている。犬、猫以外では観賞魚用、小鳥・観賞鳥用、小動物用のフードや、ミルクは縮小している。

 ペットケア用品は、構成比の高い猫砂やトイレ用シーツが堅調である。PBなどの低価格商品の増加によって価格競争が激化しているが、メーカーは吸収力や消臭力アップなどの品質向上に加え、香りやデザイン性などの付加価値を追加した商品を投入している。また、室内飼育の一般化により、ペットの糞尿臭を意識するペットオーナーが増えており、糞尿臭対策を訴求した消臭剤・脱臭剤が伸びている。オムツ、デンタルケア用品は前年比2桁増となった。一方、しつけ剤やシャンプー類などは縮小している。

 ペット生活用品は、生体購入時に購入する場合が多く、生体販売が低調なため苦戦している。また、買い替え需要も低迷し、首輪やサークル・ゲート、ハウスなどが縮小している。ただし、猫用の玩具やケージなどは好調であり、各社は猫関連用品への注力度を高めている。また、共働きや単身世帯の増加に伴い、自宅でペットを留守番させる際に使用するペット用ヒーターの需要が増加している。

参照:富士経済 https://www.fuji-keizai.co.jp/

<文/HBO取材班 写真/kitty.green66 on flickr >


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は101円台を超えるも方向感は出ず

先週金曜日のドル円は100.297円で取引を開始した後、東京市場では、祝日休み明けの週末実質5・10日(ゴトー日)とあって仲値決済に向けた円売り・ドル買いが先行し一時101.20円近辺まで上昇しました。しかし、11時を過ぎると、日経平均株価の下落につれドル売りが進み、ドル円は再び101円台… [続きを読む]