今、不動産は買い時?――住宅ローン金利の下落に踊らされると痛い目を見る

 マイナス金利が導入されてから2か月、住宅ローン金利も下がり、投資物件やマイホームの購入を考えている人も多いかもしれない。

「マイナス金利が導入されても、期待されたように円安・株高にならなかった結果、投資マネーは株でなく、不動産のほうへ向かっています。すでに投資用のワンルームマンション市場は活況を呈していますから」と話すのは、不動産投資コンサルタントの原内直哉氏だ。

長期金利の推移

出典:財務省統計データ

「特に地銀・第二地銀は、不動産向けの融資を拡大しています。というのも、証券部門や国際業務が充実しているメガバンクは別の収入を得ることでマイナス金利による損失を回避できますが、そうではない地銀・第二地銀は本業に回帰して、融資を拡大することで金利収入を増やそうという流れなんです。金利も大幅ではないものの、以前よりは1~1.5%は下がっています」

 ということは、融資を受けやすい今は、やはり不動産の買いどきなのか?

「まだ様子見の時期だと言えますね。というのも、現状では個人ではなく売れ残りの新築物件を扱うような不動産業者への融資が多いのです。そして、金利が下がって融資が受けやすくなれば、不動産を購入したい人が増え、当然ですが物件価格が高騰します」

 物件価格が上がるということは、金利が下がったとしても高値づかみをしてしまう恐れも出てくる。

「物件の値上がりが地価上昇によるものだったら、さほど問題はありません。しかし、資材高騰という要因もあって今はマイナス金利相場ならではの割高な物件が増えている印象です。その場合、流動性や収益性が低いので、安易に手を出すと大火傷しますよ」

<文/HBO取材班>


※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は堅調

 本日のドル円は、東京市場では「中国は一部の米国製品に相互課税を賦課へ」との報道を受けたことにより、ドル安が進み一時110.07円近辺まで値を下げました。もっとも、日経平均株価が170円近く上昇したことを手掛かりにドルの買い戻しが強まり、ドル円は一時110.57円近辺まで値を上げました。欧… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「頑張りたくない」平成生まれ女子とマッチングするために昭和生まれ中年男性に必要な意識とは

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

20億円詐欺の「若作りおばさん」があぶり出した女の虚栄心

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

なぜ栗山英樹監督の「殺し文句」は、大谷選手を口説き落とせたのか?

清水建二

清水建二

微表情学

叱られているのにヘラヘラしている部下を、さらに怒鳴ってはいけない理由

都市商業研究所

都市商業研究所

三越のライオンが「ねこ」に!?――猫の手も借りたい!デパートで増える「ねこ系アートイベント」

安達 夕

安達 夕

韓国・文大統領の側近が有名ブロガーと接触し、世論操作した疑いが浮上。早くもまた政権交代か

橋本愛喜

橋本愛喜

日本人が公共の場で、“1人分のスペース”を死守する理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由