欧州市場の麻薬の集荷そして流通拠点となるオランダ・ロッテルダム

白石和幸

photo by dootdorin(CC0 Public Domain )

 世界第一の貿易港であるオランダのロッテルダムは、ヨーロッパ市場で売買する麻薬の倉庫になっていると6月4日の「El Pais」紙が報じた。

 世界の麻薬生産のうち、ほぼ9割を占めていると言われているのはアフガニスタンだ。そのアフガニスタンから、国連軍と米軍の一部が撤退して以来、ケシの栽培がまた急激に増えているという。

 アフガニスタンから陸送でトルコに運び、そこから陸送か海上輸送でロッテルダムに送られるという流れだ。また、トルコからルーマニア、ブルガリア、アルバニアを経由してロッテルダムに送るルートもある。またイランとパキスタンでもケシは生産されており、陸送以外に空輸でアフリカを経由してオランダに送るルートもある。

次のページ 
港湾関係者や税関職員の腐敗

1
2
3
4
5
関連記事
6
7