中南米は犬好き・ペット好きが多し! ロシアはネコ好き優勢。グローバル調査で明らかに

ロシア人はネコ好き!?

 ペット別に飼育率を見ると、グローバルで最も多く飼われているのは犬で33%。次いで猫(23%)、魚(12%)、鳥(6%)と続く。  犬を飼っている割合が最も高かった国はアルゼンチンで66%、次いでメキシコ(64%)となった。  一方、猫を飼っている割合が最も高かった国はロシアだ。その割合は57%だという。次いでフランス(41%)となっている。  更に、魚では中国が17%で、鳥ではトルコが20%でトップとなりました。  なお、日本の状況をみると、最も多くの人が飼っているペットは犬で17%、次いで猫(14%)、魚(9%)、鳥(2%)という結果になった。 ⇒【画像】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=95420

出典:GfK

参照:GfKジャパン ※ アルゼンチン、オーストラリア、 ベルギー、ブラジル、 カナダ、中国、チェコ共和国、フランス、ドイツ、 香港、 イタリア、日本、メキシコ、オランダ、 ポーランド、ロシア、韓国、スペイン、スウェーデン、トルコ、イギリス、アメリカ合衆国 <文/HBO取材班>
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right