「世界で一番貧しい大統領」の南米諸国指導者評が面白い

photo by Frente a Aratiri on flickr(CC BY-SA 2.0)

 日本では「世界で一番貧しい大統領」として紹介されたウルグアイの前大統領ホセ・ムヒカ氏(愛称ペペ)。

 すでに大統領の職務から離れてはいるが、その発言は日本で注目されている。もちろん、ラテンアメリカでもいまだに注目を集めている。

 ムヒカ氏は1960年代に経済が低迷して政情が不安定になったウルグアイに社会主義を唱えたゲリラ組織トゥパマロスのメンバーとして体制派との戦いを経験した人物だ。70年代に入ると政治活動として中道左派政党「拡大戦線」が誕生した。後に、ムヒカ氏は現大統領のタバレ・バスケス氏と同様に「拡大戦線」に加わって政治活動を展開した。

 2005年にタバレ・バスケス氏が大統領に就任するや、ムヒカ氏は農牧水産相として入閣。ウルグアイで初の左派政権の誕生であった。2010年にバスケス大統領を引き継いでムヒカ氏が大統領に就任したが、彼は歴代大統領のスアレス・イ・レイェス公邸での生活を辞退して郊外の質素な自宅で生活を続けた。バスケス現大統領も同様に自宅で生活し、公的行事などで公邸を利用するだけにとどめている。

 ブラジルのルラ前大統領は、彼の評して「ペペ・ムヒカは我々ラテンアメリカ人にとって、アフリカのマンデラのような存在だ」と言った。「長い期間、法による追跡を受け、収監された後に政治活動に復帰してからはより寛大になり、より包容力をもつようになった。そして、ウルグアイをこよなく愛している」と述べて彼を賛辞した。
(参照「LA PRENSA GRAFICA」)

 そんなムヒカ氏は、現在のラテンアメリカの指導者をどう見ているのか?

次のページ 
「ベネズエラのマドゥロは病的におかしい」

1
2
3
4
4
5
関連記事
6
7