花粉症の増加は人工林の増加と比例していた!? 森林荒廃問題の真実

栗田シメイ

青々と緑に萌えてみえる5月の森林であるが……

『地球温暖化』、『環境破壊が進んでいる』といった警鐘を耳にする機会は多いが、大きなテーマゆえに想像力を働かせ、なかなかその実情を知ることは難しい。

 だが、私達の身近にある“花粉症”が密に関わっているとなるとどうだろうか?今回から計3本に渡り、日本の森林事情についてレポートしていきたい。

 京都大学総合生在学館の学館長を務める川井秀一氏は、現在の日本の森林を取り巻く状況についてこう表現している。

「発展途上国では森林破壊が進み、日本では森林荒廃が進んでいる」

 今、日本の森に未曾有の危機が訪れているといっても決して過言ではない。

 もともと日本は世界でも有数の森林大国であった。大きな変化が訪れたのは1945年~80年台にかけて。戦後復興のため、スギやヒノキといったエネルギー資源として万能な木が大量に植林された。補助金制度も設けた施策もあり、林業を生業とする人々の数を順調に伸ばしていく。だが、時代は流れ、石油や石炭、トウモロコシなど新たなエネルギーが産業に使用されるようになり、次第に森林=お金を産み出すという図式は崩壊する。必然的に林業に従事する人の数は減り、住宅などで使用される木材もその大半を海外からの輸入に頼るようになった。更に現在では、誰がその森林の所有者なのか不明で、行政も民間も手の入れようもないというような山地も増える状況に陥っている。

次のページ 
増えすぎた人工林

1
2
3
4
5
関連記事
6
7