前代未聞!? 北朝鮮で結婚式を挙げた日本人夫妻を直撃

史上初、日本人新郎新婦の入場!

前代未聞の挙式!

 2015年11月、北朝鮮で日本人の新婚夫婦が結婚式を挙げた。

北朝鮮で結婚式を行ったMさん夫妻

 日本政府は依然として朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)への渡航を自粛するよう要請しているが、そんな中で前代未聞の偉業(?)を成し遂げたMさん夫妻の、北朝鮮での結婚式の段取りから後日談までをレポートする。

 そもそも、なぜ北朝鮮で挙式をしようと思い立ったのか?

 Mさん自身は、『朝鮮は第二の故郷』と謳うほどの北朝鮮マニア。07年から複数にわたり訪朝しており、彼の趣向については妻も了解済みとはいえ、さすがに北朝鮮で挙式となると、日本人女性のほとんどは嫌がると思うが……。

「もともと出会いのきっかけが『北朝鮮』なんですよ。朝鮮観光のガイドブックを総武線の電車内で読んでいたら、隣の席から話しかけてきたのが妻なんです。海外旅行のガイドブックを読んでいるなと思っていたら、『平壌』という文字が目に飛び込んできて驚いたからだとか。そこから交際に発展したのですが、鎌倉で最初のデートをしたとき妻は『海が近いから拉致られないかな?』と思っていたそうです(笑)」(Mさん)

 妻の理解も得て、Mさんは中国にある朝鮮観光旅行社にその旨をメールし、仲介を要請。だが現在は徐々に増えているとはいえ日本からの観光客はリピーターが中心で、他国に比べて非常に少ない。ましてや結婚式を挙げる人など前例がないため、申し込んだ当初は先方にもなかなか信用されなかったという。

次のページ 
馴染みのガイドのおかげでスムーズに進んだ交渉

1
2
3
4
5
ハッシュタグ
4
5
関連記事
6
7