悩み事は「場所」を変えるだけで解決する可能性が広がる!

伊藤勇司

行き詰まってしまったら、大胆に悩む環境を変えることで思いもよらぬアイデアが出る場合があるという

空間心理カウンセラー・伊藤勇司の「成功するビジネス×片づけ術」第2回

 こんにちは。空間心理カウンセラーの伊藤です。

 前回、デスクの上を無にして、集中力が上がった投資家のケースをご紹介していきました。今回はなぜ、そのようなことが起こるのかを少し掘り下げて解説していきます。

 少しおさらいをすると、デスク上に積み上げられていたものを、単純にデスク下に移動させただけで集中力が上がり、そこから派生して成果も生まれたのが前回の内容でした。このように直接的に自分にアプローチをするのではなく、環境に働きかけることによって間接的に自分をコントロールする手法を、心理学では環境改善と呼んでいます。

 人間は環境動物とも言われていて、自分が置かれた環境に左右されやすい性質があります。以前、狼に育てられた女の子が発見されたことが話題となりましたが、人間社会に戻って生活するように保護すると、環境に馴染むことができずに、ほどなくして死を迎えてしまったという実話があります。狼に育てられて自然の中で成長した女の子は、見た目は人間でも、中身は狼になっていたために人間社会の環境に馴染めなかったのです。

 このように『環境が人を創る』と言っても過言ではなく、日常生活の中で気づかないうちに、人は環境の影響を大きく受けています。 だからこそですが、自分を変えることを考えるよりも、自分の身の回りの環境を変えることに意識を向けた方が、結果的に自分が変わるという現象が起こっていくのです。

次のページ 
悩む場所を変えただけで、問題が解決

1
2
部屋は自分の心を映す鏡でした。

人生を好転させる片づけを!

4
5
関連記事
6
7