イスラエルの原子炉で技術的問題が頻発と現地紙報じる。核開発の噂も

白石和幸

イスラエルのネゲブ原子力研究センター(通称ディモナ原子炉) Public Domain

 イスラエルのネゲヴ砂漠にある〈ネゲブ原子力研究センターでまた技術上の問題が発生した模様〉という情報を4月11日のイスラエル紙「Haaretz」が報じ、他紙もそれにあやかってその危機を伝えた。(参照「HispanTV」)。この原子力研究センター、通称ディモナ原子炉は原子爆弾を生産している所で、設備は老朽化しており周辺地域を不安に落としいれているという。2013年にも事故が発生したという経緯がある施設である。構造的には福島原発と非常に類似しているとのこと。

 核専門家の間ではディモナ原子炉の有用期間は30年とされていた。しかし、50年経過した今も使用されている。そのせいで、数々の問題を引き起こしている。

次のページ 
囁かれるイスラエルの「核開発」

1
2
ハッシュタグ
4
5
関連記事
6
7