第25回「地球環境大賞」を東急電鉄が受賞。野本弘文社長「街づくりに終わりはない」

「産業の発展と地球環境との共生」に向けた、技術開発や保全活動などに熱心に取り組む企業、団体を表彰する「地球環境大賞」(主催:フジサンケイグループ)。その第25回授賞式が、港区の明治記念館にて、秋篠宮同妃両殿下ご臨席のもと開催された。

地球環境大賞を受賞した「二子玉川ライズ」

 大賞には周辺の自然環境と調和した「二子玉川ライズ」の開発を実現し、国際的な環境認証評価のLEED「まちづくり部門」で、世界初のゴールド認証を取得した東京急行電鉄が輝いた。

 式典では、冒頭、先の熊本地震の犠牲者に哀悼の意を表し、黙祷をささげた。その後、秋篠宮殿下がお言葉を述べられた。

秋篠宮殿下

式典にてお言葉を述べられる秋篠宮殿下

「気候変動をはじめ、地球環境に関わる事柄は数多く存在します。環境の保全とともに、自然災害についての意識を一層高めつつ、人類が自然と共存し、多くの貴重な生命を末永く育めるよう、環境諸問題に積極的に取り組んでいくことが大切です」(秋篠宮殿下)

 さらに、出席した東急電鉄の野本弘文取締役社長が登壇し、大賞受賞の喜びを次のように語った。

「栄えある賞を受賞でき、大変光栄に思います。『二子玉川ライズ』は構想から30年以上の歳月をかけ、水と緑と光の豊かな自然環境と調和した街づくりをコンセプトに開発を進めました。街づくりに終わりはありません。次世代に繋がる街づくりのモデルとなるよう、地域の皆様とともに引き続き取り組んでいきたいと思います」

日枝久フジサンケイグループ代表より、トロフィーを授与される東急電鉄の野本弘文社長

 また、「経済産業大臣賞」には、断熱性に優れた樹脂窓の開発を通じて、地球環境にやさしい快適な住環境の実現を提案したYKK APが受賞。「環境大臣賞」には、リサイクルがきできるアルミレス紙パック飲料容器を共同開発した伊藤園と凸版印刷が選ばれた。

 その後に行われたレセプションには受賞企業・団体のトップをはじめ、産学官から約500人が出席し、積極的な意見交換がとり行われた。

 環境諸問題に対して、産業界が果たす役割は今後さらに拡大していく。各企業・団体の積極的な取り組みに期待したい。<取材・文/HBO取材班>


※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は一時105円台まで下落

 先週金曜日のドル円は、東京市場では仲値にかけて買いが進んだことで10時過ぎに一時106.34円近辺まで上昇する場面が見られましたが、海外短期勢などからの売りが持ち込まれると、105.59円近辺まで下落しました。その後はいったん下げ渋りましたが、戻りも限られました。欧州市場では、アジア時間… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

年収はそう高くないけど愛人成約率抜群な「市場」とは?

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

若者の「節分離れ」は、恵方巻きのブラックノルマが原因である

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

武神健之

武神健之

ブラック化する日本企業への処方箋

外資系産業医が明かす、今年も「過労死のニュース」がなくならない原因

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

いつまで経ってもスケジュールが決まらない!? 無駄なメールの応報を減らす鍵とは?

清水建二

清水建二

微表情学

ヤンキーが暴力を振るうのは、他者の表情を読み取れていないからである

都市商業研究所

都市商業研究所

JR九州「全路線で減便」の衝撃――深刻な赤字の鉄道事業、対応迫られる沿線自治体

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

結婚にメリットがないことが遂に科学的に証明される 研究者「既婚者のほうが孤独でストレス値が高い」

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

大熊将八

大熊将八

ビジネスニュースの深層

『秘密結社 鷹の爪』DLE、急成長のウラに隠された決算上の疑念とは?

島影真奈美

島影真奈美

仕事に効く時代小説

おんな城主・井伊直虎を育てた師の重~い箴言

江藤貴紀

江藤貴紀

ニュースの事情

中高一貫私立でレベル無視して「検定外」教科書がもてはやされる背景

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由