「kawaii」スタイルはもはや日本文化! 原宿で「着物レンタル」が人気な理由

 とかく「爆買い」ばかりが話題になるが、ここ最近の「インバウンド」のトレンドは変わりつつある。平日・休日を問わず、日本の観光名所で外国人観光客を見かけない日はないといっても過言ではない昨今。訪日客の需要、いわゆるインバウンド需要は衰える様子がない。そして、その需要の鍵が、日本の製品に触れ、文化を体験し、もっと日本を知りたいと考える「体験型」へとシフトしつつある。

世界に名だたる「kawaii」街でキモノ体験

 最新の流行が集い、日々最先端のファッションが生まれる若者の街・原宿には、入り組んだ路地に、個人経営ならではの個性あふれる店が無数にある。そんな中、新しいタイプの着物の着付け体験を目当てに、日本好きの若い外国人女性たちが事前にネットで予約をしてやってくるほど注目されているのが、キモノレンタルショップ「トウキョウカワイイミュゼ」だ。1号店は、2015年9月にオープンした。

ポップな店内

「もっと着物をカジュアルに、といった思いから、原宿という土地にあわせた、ポップな着物の着こなしを提案しています」(「トウキョウカワイイミュゼ」運営会社TKG代表取締役/CEO・前林成穂氏)  その言葉通り、同店の着物のレンタルサービスは、格式が高い、伝統ある着物文化とは一線を画するものだ。
次のページ 
「kawaii」を入口に日本文化に接する
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right