政府に批判的な報道者はクビが飛ぶ。まるでどこかの国のようなトルコの現状

白石和幸

Public Domain

 トルコではエルドアン大統領の政権下で厳しい言論の弾圧が行なわれている。政府が報道機関を干渉し、政府の姿勢を批判する彼らを弾圧して最終的には政府の管理下に置くというのがエルドアン政権の弾圧である。そして、それに反対するジャーナリストは政府の管理下に置かれた報道機関から解雇されるという。まるでどこかの「美しい国」と同じような状況なのである。

 昨年はこの結果、500人のジャーナリストが解雇されたという。そして、〈70人が暴行に合い、現在30人がテロリズムを扇動したという罪で収監されている〉という。(参照「GATESTONE INSTITUTE」)。

次のページ 
子どものイタズラさえ罪に問うエルドアン

1
2
3
4
5
関連記事
6
7