「iPhone SE」はiPhone 6やiPhone5sとドコが違う?

iPhoneSE_イメージ 日本時間の2016年3月22日、新しいiPhoneが発表された。その名前は「iPhone SE」。エクステリアはiPhone 5/iPhone 5sとそっくりで、画面サイズも4インチのコンパクトスマートフォンだ。 「iPhone SE」の登場は昨年から予想されていた。ファーストiPhoneとして低価格なプライスタグがつけられていたiPhone 5sに替わるモデルとして、機能を限定したバージョンになるとウワサされていた。ところが発表された「iPhone SE」は違った。確かにロープライスだが、そのパフォーマンスはiPhone 6sに肉薄するものだった。

メインとなる機能はiPhone 6sと同一

iPhoneSE_画面 使用されるCPU・GPUはA9+M9でiPhone 6s/iPhone 6s Plusと同じもの。併売されているiPhone 6/iPhone 6 Plusを凌駕するパワーを秘めている。サイズは、高さ123.8mm、幅58.6mm、幅7.6mm、重量113g。大きさはiPhone 5sとまったく同じ。重量は1gだけ増えた。  ディスプレイは4インチで解像度は1136×640ピクセル。これもiPhone 5sと同じで昨今のハイエンドモデルのなかでは低解像度となるが、4インチゆえにほぼ気にならないだろう。メインカメラはiPhone 6s譲りの裏面照射型1200万画素センサーを搭載。Live Photos、Focus Pixelsを使ったオートフォーカス、色温度を調節するTrue Toneフラッシュ、自動手ぶれ補、f2.2のレンズなど、機能面もiPhone 6sと同一だ。4K撮影機能も、当然ながら使うことができる。  つまり、iPhone 5sのボディを使いながら、中身をiPhone 6s級にブラッシュアップしたというワケだ。エクステリアデザインは変更せずに機構部をアップデートするこの手法は、ポルシェの哲学を思わせるようでもある。

iPhone 5s準拠の機能もあるがそのぶん、安い!

iPhoneSE_指紋認証 しかしながら、iPhone 6sと比較して劣る部分もある。画面の圧力センサー・3D Touchは搭載されない。ゆえに3D Touch 対応アプリを使う際は、iPhone 5s、iPhone 6/iPhone 6 Plusと同様に、Peek(ピーク)とPop(ポップ)の操作は行えない。  また、Wi-FiはMIMO非対応。モバイル回線も4G LTE Advancedは非対応となっている。さらに、インカメラ(FaceTime HDカメラ)は120万画素で明るさはf2.4。Touch IDは第一世代、気圧計非搭載などなど、いくつかの機能がiPhone 5sと同等のものとなっている。  ただし、安い! アップルストアでの価格は16GB版が5万2800円、64GBは6万4800円となっている。参考までに言うと、iPhone 5s登場時の価格は16GBが6万7800円、iPhone 6sは8万6800円となっていた。  ちなみに、画面サイズが小さくなり、液晶画面のバックライトの消費電力が少なくなったためか、バッテリーライフはiPhone 6sを超える。インターネット利用時の公式スペックは、4G LTE回線使用時で最大13時間(iPhone 6sは最大10時間)となっている。
次のページ 
iPhone 5sのケースが使えるかも?
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right