“実質0円”じゃなかった「Y!mobile 版iPhone 5s」はお得なのか?

安さだけを求めるなら検討の余地アリ! ただし、買い替えまでのスパンは短い

Y!mobile_ヨドバシ

発売日当日のヨドバシ秋葉原の様子。夜とはいえ、お客もまばらだった

 大手3キャリアと契約し、最新のiPhone6s購入しても価格差がさほど大きくない以上、約2年以上前にリリースされた旧モデルを敢えて購入する必要性は、「とにかく安くiPhoneを持ちたい」と言ったユーザー以外には無いと言える。  iPhoneの利点は、最新OSを旧モデルに導入できる点にあるが、現在最新のiOS9.2.1はiPhone4s以降の端末を対象にしたものとなっている。逆に言えば、iPhone4以前の端末は非対応ということだ。  いまiPhone5sを選択した場合、ここ2年間程度なら問題にならないものの、それ以上の利用することを考えると、最新OSへのアップデートが非対応になってしまう可能性も考慮しなければならない。長期利用を前提とするなら、アップデートの心配がしばらくは不要でスペックの高いiPhone6以降のモデルを選択するのが賢い選択と言えそうだ。<文・写真・図版/古作光徳> 【古作光徳】 パソコン関連誌の編集部を経て、2006年にライターとして独立。主にパソコンやスマホ、家電関連誌などを中心に活動中。近年は車やバイク、将棋など、趣味関連誌の執筆や編集にも携わっている。
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right