「泊まれる本屋」、オープン3か月で連日稼働率ほぼ100%の理由

「好きなものに没頭しながら寝られる」

 2020年に東京オリンピックを控える今の日本では、国内外の観光客の増加も相まって宿泊施設不足が危ぶまれている。そんな中、都内を中心に不動産物件の紹介をしているR-STORE(アールストア)は、宿泊施設「BOOK AND BED TOKYO」を2015年11月にオープン。開店初日から、連日ほぼ100%の稼動率という人気ぶりである。  同店は“泊まれる本屋”との愛称で知られている。とはいえ、実際には書籍の販売は行なっておらず、常設されている約2000冊の書籍を自由に手に取って読めるホステルだ。ビルの1フロアを利用した、30床1間の宿泊施設として生まれ、日本国内はもちろん海外メディアからも注目されている。 「宿泊事業においてまだどこの企業もアプローチできていないポイントに訴求できる確信がありました」と語るのは、同店の代表取締役・淺井佳氏。この確信がなければ、そもそも宿泊事業に参入していなかったという。 「寝るという行為にスポットを当てた宿泊施設は、今までになかったと思います。だからこそ当店では、何か好きなものに没頭しながら眠るという“幸せな寝落ち体験”を提供することをコンセプトにし、積極的に泊まりに行きたくなる空間づくりを目指しました。そのためのツールとして本を組み合わせたので、実のところ本自体はあまり重要ではないんですよ」(淺井氏)  だれもが泊まりに行きたいと思うであろう5つ星ホテルのように、寝具やアメニティが充実していればたしかに居心地はよいが、高額なため一般の客はなかなか利用できない。また、そういった施設への投資は、寝る行為そのものに訴求できていないと淺井氏は考えている。「体験を提供する空間」というコンセプトは、そうして導き出された。そのため、1泊の宿泊費は平日で3500円~4500円、金・土・祝前日は4500円~5500円(税抜)と抑えめだ。
次のページ 
勝因は女性のニーズとインバウンド
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right