【目からウロコのFX投資の鉄則】デイトレとスキャルの使い分け方

広がり続ける格差や給料頭打ちの経済情勢なぞどこ吹く風と言わんばかりに、アグレッシブに資産を増大させているミリオネア投資家たち。そんな彼らの独自の投資戦略、そして資産形成術と勝負のタイミングを知ることで、億超えへの道を探る!

【FXスキャルピング ぶせな氏】
総資産1億7000万円/投資歴9年
直近1年の騰落率 +1000万円

ぶせな氏の資産推移

【ぶせな氏の資産推移】FXを初めて2年目に1000万円を超える痛恨の損切りが発生するも、これが転機となりスキャルに転向。以降は順調に資産を増やし、’14年に資産1億円を超えた。デイトレとの二刀流も順調

「ここ1年ほどはスキャルピングに加えて、デイトレードの比重を増やしています。ボラティリティが高く相場が乱高下しているときはスキャルで稼げるのですが、相場が落ち着くと苦しい。スキャルで勝てている間に次の一手を打っておきたいので」

 そう打ち明けるのは、’14年に億超えを果たしたFXトレーダーのぶせな氏。スキャルピングを主力とするぶせな氏だが、FX投資のそもそもの入り口は長期投資だった。

「一番最初は円安にかけた長期取引を行なっていました。何もわかっておらず、下がれば資金管理も考えずナンピンし、円売りに固執して大失敗。1000万円以上の損切りに追い込まれました。もう10年近く前のことですが、あの辛さは今も鮮明に思い出せます」

 この苦い体験がぶせな氏のメンタルを強化したのか。

「よく『トレードではメンタルを強くしないと』なんて言いますが、メンタルなんて簡単に強くなるものではない。でも、性格はムリでも考え方なら変えられる。私が勝てるようになったのも『FXはどうしたら勝てるのか?』と徹底的に自問自答を繰り返したからだと思います」

 長期ではなく短期、10円ではなく10銭狙い、順張りではなく逆張り、無制限のナンピンはしないなど、過去の失敗を反面教師にして行き着いたのがスキャルだった。

「スキャルを始めたのが’10年ころ。しばらくは仕事と両立していましたが、学生時代から『いつかはトレードを仕事にしたい』と考えていたので32歳のときに退職しました。それからはずっと、FXで家族を養っています」

 これまでにFXで築いた資産は1億円を超える。

「1億円ではまったく足りない。月々の生活費が50万円ほどかかり、子どもが2人います。彼らが成人するまでの生活費や自分たち夫婦の老後の生活費を考えれば最低でも3億円は欲しい。ですから1億円を超えて何かを達成したとはまったく思えません。“今”を見つめるだけです。チャイナショックのような乱高下が続けば別ですが、スキャルピングでこれからも安定的に稼げる保証はない。スキャルで勝てなくなった時に備えて、デイトレードもマスターしておきたいんです」

2台のパソコンと12枚のモニター

2台のパソコンと12枚のモニターで9つの通貨ペアを監視し、勝てる可能性の高い通貨ペアを探す。デイトレでは15分足のチャートがメインとなる

 数銭程度のわずかな利幅を狙うスキャルピングだと、FX会社の約定力やスプレッドに収益が大きく左右される。業者依存なので、同じやり方でトレードを続けても、業者の取引条件が変われば同じように稼げなくなってしまう。

「’14年の黒田バズーカを見て、デイトレも効率的だなと思いました。相場に方向性が出たときはスキャルにこだわらず、トレンドに乗って稼ぎたい。そう思ってこの1年、デイトレに取り組んできました。今は取引の4割がデイトレですし、収益面でも3割ほどがデイトレからと、スキャル以外でも稼げるようになってきました」

 業者に依存する部分が大きいスキャルに対して、デイトレでは市場をどう攻略するかがカギとなる。スキャルでは20EMA(指数平滑移動平均線)などを駆使し、負ける可能性の少ない場所に絞ってトレードしていたぶせな氏。デイトレではどんなトレードをしているのだろうか。

「基本となる考え方は同じです。15分足をメインにしてチャートパターンや移動平均線、トレンドライン、支持線・抵抗線などを見て、なるべく多くのシグナルが同じ方向に出ているポイントを狙います。多くのシグナルが出ていれば、それだけ負ける可能性は少ないですから」

 人生もトレードも慎重派だが、デイトレでも用心深さは変わっていない。

「ダブルトップが出てネックラインを割ったとします。売りのシグナルですが、それだけだと売りの根拠とするには足りない。より多くの売りシグナルがそろうのを待ちます」

 そう言ってぶせな氏が示したチャートでは、①ダブルトップの形成から②トレンドライン下抜け、③移動平均線の下抜け、④ヘッド&ショルダーのネックライン下抜けと、これでもかというほどの売りシグナルが。

「このように多くのシグナルが重なるほど、勝率が高くなります。このとき、利益確定はオーソドックスにヘッド&ショルダーが示すターゲットとなりますが、売りっぱなしにするだけだともったいない。途中で一部を決済して、短期的な戻りを利用して再エントリーと繰り返していくこともあります」

 トレードスタイルの変化とともに、ぶせな氏の環境にも変化があった。

「スキャルでは自分のトレードを明確に伝えられずもどかしい思いもありましたが、デイトレなら教えやすい。過去の自分のようにFXで苦境に立たされている人がいれば、個人的にトレードを教えることもあります。なかには自分より勝つ人もいるくらいで(笑)」

 デイトレとスキャルの二刀流に開眼しつつあるぶせな氏。3億円への到達も遠い日ではなさそうだ。

◎エントリーの根拠が複数重なるのを待つ

エントリーの根拠が複数重なるのを待つ米ドル/円15分足はダブルトップを形成しネックライン割れ。トレンドラインも下抜けして格好の売り場に見えるが、これだけだとエントリーするには不充分

◎4つの根拠が重なって売り

4つの根拠が重なって売りダブルトップはその後ヘッド&ショルダーとなり、スキャル時代から利用していた20EMAも下抜け。これだけの売りシグナルが重なったところでやっと売り

◎利益確定はセオリーに従って

利益確定はセオリーに従ってヘッド&ショルダーでは高値からネックラインまでと等幅下落するのがセオリー。このセオリーに従いターゲットを決めるが途中の戻りを利用して細かな売買も

【億超えを確信した瞬間】
「1億円に対してとくに感慨はありません。FXでは証拠金がゼロになるリスクがあるし、1億円では将来の生活費に足りない。今の生活を続けるのに充分な金額を稼ぐまで、勝てる可能性の高いトレードを探し続けるだけですね」

【ぶせな氏】
不動産投資会社を経て、FXを始める。1000万円を超える損切りを経験するもスキャルピングに転向し成功。’10 年に退職し専業に。http://fxbusena.blog.fc2.com/

― ミリオネア投資家の(秘)戦略 ―

ハッシュタグ
4
5
関連記事
6
7