【今さら聞けないITビジネスTips】クラウドサービス[Windows編 その1]

今さらクラウド いまさらながら説明させてもらうと、クラウドストレージとはWeb上にファイルをアップロードし、保管できるサービスのこと。PCのトラブルに備えてファイルをバックアップしたり、自宅と会社のPCでファイルを共有するのに使われることが多い。また、PCだけでなくスマホやタブレットからもアクセスできるので、これらの端末間でファイルを共有するのにも利用している人も多いだろう。  このようにクラウドストレージには多くの用途があるため、ビジネスにおいては必須のサービスとなっている。しかし、クラウドストレージはマイナーなものまで含めると何十種類もあり、自分にあったサービスを見つけるのは大変だ。そこでクラウドストレージ編第1回目の今回は、クラウドストレージの中でもとくにオススメの定番3サービスを紹介。クラウドストレージ編はこれら3サービスを軸にビジネスで役立つ利用法を解説していく。

Windowsとの連携が便利な「OneDrive」

「OneDrive」はマイクロソフトが提供するクラウドストレージ。Windows 8以降のWindowsでは標準のクラウドストレージとなっているため、マイクロソフトアカウントを設定すればエクスプローラーからすぐに利用できる。Microsoft Officeとの連携も強力で、OneDrive上のファイルを直接読み書きすることも可能だ。そういう意味では使い勝手はダントツである。
今さらクラウド

OneDriveはWindows標準サービスなので、クライアントソフトをインストールしなくてもエクスプローラーから直接ファイルを管理できる

 OneDriveは無料で利用できる容量が15GBと多めだが、2016年から5GBまで引き下げられてしまうことが決定している。5GBではすぐに容量がいっぱいになってしまうため、メインのクラウドストレージにするのはおすすめできない。  しかし、OneDriveは月額1274円のOffice 365 Soloを契約すると容量が1TBも追加される。また、契約期間中は最新のMicrosoft Officeを2台のPCで利用できるため、Microsoft Officeを購入する必要がなくなるのだ。同ソフトが使える「Office Professional 2016」が64584円で発売されていることを考えると、これはかなりお得。Microsoft Officeが必要ならぜひ契約してOneDriveの容量も増やしておきたい。ただし、Office 365 Soloの契約を解除するとMicrosoft Officeが使えなくなり、OneDriveの容量も元に戻ってしまう点には注意が必要だ。
今さらクラウド

Office 365 Soloは月額1274円だが、年間契約なら12744円と割安になる。長期利用予定なら年間契約しよう

■TIPS OneDriveの真価はOffice 365 Soloにあり!

メインのクラウドストレージとして使いたい「Googleドライブ」

「Googleドライブ」はGoogleアカウントを作成すると利用できるようになるクラウドストレージ。容量が無料で15 GBもあるため、多くのファイルを保存することが可能。しかも、1600万画素以下の写真、1080p以下の動画なら容量無制限で保存できるのだ。これは他のクラウドストレージにはない圧倒的なアドバンテージである。なお、容量は月額$1.99で100GB、$9.99で1TBに増やせる。ただし、1TBプランに関しては最新Microsoft Officeが利用できることもあり、OneDriveの方がお得だ。
今さらクラウド

スマホアプリで写真の自動バックアップ機能を有効にしておけば、スマホで撮影した写真を無制限に保存できる

 次回以降、詳しく解説するが、Googleドライブはオフィスドキュメントを直接表示・編集したり、保存しているファイルをGmailに添付して送れるのも便利なところ。さらに拡張アプリをインストールすれば、クラウド上で写真・動画編集やマインドマップの作成などクラウドストレージとは思えない便利機能まで使えるようになる。  以上のように、Googleドライブは容量・機能ともに優れており、メインのクラウドストレージとしておすすめ。ファイル管理も専用のクライアントをインストールすれば、OneDriveと同じようにエクスプローラーから行えるため、操作性も問題はない。
今さらクラウド

オフィスドキュメントの編集など便利機能が多いのもGoogleドライブの魅力だ

■TIPS Googleドライブは拡張性が高く活躍の場が広い!

対応サービスの多く重要ファイルの保管に最適な「Dropbox」

 Dropboxは元祖クラウドストレージともいえる老舗のサービスでユーザーが多い。そのため、クラウドストレージと連携するアプリやサービスのほとんどがDropboxに対応している。Dropboxとしか連携しないというアプリやサービスも少なくない。
今さらクラウド

Dropboxの容量はさまざまな条件を満たすことで追加できる。20 GB以上の無料容量も獲得できるが、非常に手間がかかるため現実的ではない

 しかし、残念なことに無料の容量は2GBのみ。友だち紹介などさまざまな条件を満たすことで容量を20GBオーバーまで追加できるが、非常に手間がかかる。したがって、手っ取り早く利用できて容量も多いGoogleドライブの方が、メインのクラウドストレージとしては向いているだろう。なお、月額1296円の有料プランを契約することで容量を1TBまで増やせるが、OneDriveのOffice 365 Soloを契約した方が安上がりだ。  容量に関してはやや心許ないが、Droboxにはファイルの復元という優秀な機能がある。これは誤って削除・上書きしたファイルを元通りに修復できる機能だ。過去30日間の削除ファイルはすべて復元できるため、重要なファイルや作業中のファイルの保存先に最適。仕事で利用するクラウドストレージとしてはもっとも安心感がある。なお、有料プランを契約すると過去1年間のファイルを復元できるようになる。
今さらクラウド

すべてのバージョンのバックアップが作成されているので、誤ってファイルを上書きした場合でも元の状態に戻せる

■TIPS ファイルの復元機能こそDropbox最大の魅力!  クラウドストレージが便利なサービスであることはお分かりいただけただろうか? ただし、セキュリティ面の不安は現状、どうしても残ってしまう。保管するデータについて慎重に判断して、これらのサービスを使うようにしよう。<文・画像/中谷 仁> 【中谷 仁】 パソコンやスマートフォン、タブレットなどデジタル系雑誌・ムック本などを制作する編集プロダクション「株式会社ノーリ」の代表取締役。自ら編集・執筆をしており、年に数十冊の本の制作に携わっている。「Windows100%」や「iP!」、「Mr.PC」、「家電批評」、「ラジオライフ」など雑誌を中心に活躍中。
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right